ABOUT STILLROLLIN

logo

記事一覧

明日から・・・F.T,W。showの為出発します・・。

明日からF.T.W.showの出展の為、東京から熊本へと出発の準備です・・・。実はまだshowの準備が終わってません・・・・・。
今のブログを書いている余裕というか時間があるのはペイントしている最中のショーボードが中々乾かないので、焼付けている時間にブログを書いてます・・・。時間は限られてますから有効活用しなければですね・・・。
今回のいきさつとして2年前5周年記念のゲストとしてF.T.W.showに参加させていただきました。
今年はゲスト招待していただいた恩返しにと思い普通にエントリーしようかとかんがえていたところ、主催者様からスペシャルゲスト枠を用意してますので是非とのお話を再び頂き今回再び参加させていただく運びとなりました。
普通だったら、一回呼んだゲストって次は呼ばれないのが普通です。それを2年しか経ってないのに再びスペシャルゲスト扱いですからとても誇りに思いますし、嬉しい限りです。
あとは皆さんに迷惑を掛けぬように、無事熊本に着くことを願うしかありません。。。。
ファイル 1106-1.jpgコチラが今仕上げの最中のショーボードです・・・・。写真は1回目のクリアを終わらせ、焼付け、クリア塗装幕の段を取り除いている作業風景・・そして只今クリア2回目の焼付け真っ最中です・・・・
ファイル 1106-2.jpg頑張っております・・・ワタクシ・・・そして明日はそのクリアの鏡面仕上げ・・・大丈夫か・・・ワタクシ・・・。
もちろん、デザインはSteve DeMan氏のグラフィックとレタリングそして仕上げは丸投げしアメリカに帰ってしまいました・・・。
ファイル 1106-3.jpgそしてヘルメットも・・・ICONのAirFrameベースにSteve氏のカスタムペイントです・・贅沢っていうか・・ハンパないっすね・・・・。
ファイル 1106-4.jpgそしてコチラも・・・ウチではここまで気合いれてもらったの初めてですが、この先ウチのカスタムしたお客さんにウケそうなのがコチラ・・・ バイクのカスタムペイントと同じモチーフデザインで仕上げたホイールチョックスタンド、グラフィックはもちろんSteve氏ベースカラーとフィニッシュ・と金具類のクロームはウチです、金具類ももちろんショークオリティクローム ボルト類もカッコいいのにカスタムしてます。
ショーだけの為でなく自宅のバイクのスタンドがこんなのだったらたまらないデスよね~・・・ これは素敵・・。
ファイル 1106-5.jpgそして主役のバイク・・・ 既にカスタムショーのライドイン・SSB Magでの撮影でもライディングショット・SSB Bike Nightでも実際に走行してます。 素敵な写真はMoto Addicts Magazineの金田さんのPhoto Workホントあの人の写真はカッコいい写真の撮り方しててSSB Magazineのスタッフも絶賛してます。

そんなこんなで、実車は5月5日グランメッセ熊本で開催されるF.T.W.showでお披露目されますので是非ご来場お待ちしております。

こちらもダイジェストでSSB Bike Night in Tokyo

ちゃんとあとでまたアップしますので、こちらもダイジェストで・・・・。
SSB MagazineのリクエストでBike Nightをやって欲しいというリクエストにお応えし、僕一人ではいっぱいいっぱいだったのでAFG motorsportsのJasonにほぼ丸投げしていただきAFG motorsports StillRollin'modellartプレゼンツSSB Bike Nightを開催させていただきました。
台数集められるようなロケーションではなかったので、世間様に迷惑にならないようにと内々でやらせていただきました、ホント申し訳ありませんでした・・・。
ファイル 1105-1.jpg集合場所は都内某人種の坩堝なカオスなエリアのダイナーで集合、結局1時間半遅れのスタート・・ ほぼアメリカンアーミーさんたちの集まりでした・・・。
ファイル 1105-2.jpgとりあえず、みんなでディナータイムです、アメリカンクラシックロックがかかっているイイカンジのお店でした、コチラは厚木基地の方々のBLACK HAWKSのメンバーさんたち、日本語が上手でビックリ人柄も最高な方々でした。
ファイル 1105-3.jpg数台が給油したいとのことでガソリンスタンドへ・・・そしたら40台以上のバイクがGSの敷地内に・・・ まるで襲撃したかのような犯行現場的な光景・・(ちゃんとお金は払いました・・・)
ファイル 1105-4.jpg某所からある程度の距離をみなでクルージング。。そして某所へ移動・・・ BLAZEさんのZX10RターボとうちのZX10RとGSX-R MotoAddicts Magazineも撮影に来ていただき軽く雑誌撮影も並行してしていただきました。
ファイル 1105-5.jpg前の日に写メは見せてたのですが、実車をみてあまりに違いにビックリしたみたいでSSB Seanがこれも撮りたいということで、ウチで製作し納車させていただきました、GSX-R1000 K3 240カスタム”Black Ice"も撮影していただきました。

まだまだ写真や行動ログいっぱいありますが、とりあえず今回はここまででカンベンしてください・・・・。

今回のSSB Bike Nightにご協力いただきました方々
AFG motorsports Jason,Moto Addicts Magazine,Blaze motorcycle,横田基地,厚木基地の皆さん、場所を提供していただきました某飲食店さんご協力ありがとうございました。 

また後日アップしたいと思います。

こちらもダイジェストでSSB photo shoot tour in Japan

とりあえず、こちらもダイジェストで・・・。
今回、本国アメリカの業界有名誌Super Streetbike MagazineのSeanから去年のCBR1000RRカスタムの掲載がきっかけで関係が続き次のバイクもあれば今度は来日してという話を今年の初めに頂いておりました、そして今回念願のSSB来日SSB in Japan photo shoot tourを企画のお手伝いをさせていただきました。
前半は私担当、全部僕ではいっぱいいっぱいになるのを予想し後半はAFGmotorsportsのJasonにお願いしてもらいました。
ファイル 1104-1.jpgとりあえず、今回のホストとして成田空港までお出迎えからスタートです・・・。俺一人で大丈夫??ってカンジです・・。
ファイル 1104-2.jpg成田空港からそのまま千葉北方面へカスタムペイントショップEL FLAKESへ・・・撮影は翌日の予定だったのですが、当時とペイントが変わったからとりあえず下見に行こうよって連れて行ったら、よし今から撮ろうぜ!!なんて・・・さすがアメリカ人勢いが違います・・・。 EL FLAKES宮崎さんもその流れにドン引き・・??
ファイル 1104-3.jpgそして翌日予定を裏切り大雨・・・ とりあえずDMCさんちへ・・・大雨のせいでダブルブッキングしていた海外のカスタムカー雑誌RIDEZ Magazineの撮影に間に合わず・・・ GT-R R34 Escaladeをバックに撮影開始 Steve FBSロバート氏など日本のショップなのに外国人率50%・・・ 雰囲気が日本で無くなってます・・・。
ファイル 1104-4.jpgSSBのSeanがもっと撮ろうぜ的な流れでDMCのメインペイントブースをフォトスタジオにアレンジし、まるでスタジオ撮影かのようなphoto shooting... アドリブ効き過ぎデスね・・。
ファイル 1104-5.jpgこちら初日の晩御飯の風景・・・僕含めた6名様6名中日本人2人ですよ・・・。 この日は日本語をほとんど話さなかった気がします・・・。

とりあえず、ダイジェストですがNEXT new style custom auto show

時間があまり無いので、ダイジェストでブログ更新します・・・、F.T.W.showから戻ってから改めてちゃんとブログしようと思います。
写真などもっとみたい方はウチのfacebookページでも登録してみてみてください。
今回は、ショップとしてのエントリーではなく、カスタムペイントなどの用品を扱うメーカーFBSのブースでペイントショップDMCさんカスタムペインターSteve DeMan氏 そしてデモ車輌提供でウチとカスタムペイントショップEL FLAKESのバイク2台と国内名門カークラブSOLIDさんの車輌の展示の総合ブースとして参加させていただきました。
ファイル 1103-1.jpgブースの光景はこんなカンジです、まるでアメリカのショーのメーカーブースがそのまま日本に輸入されたカンジの雰囲気でイイカンジです。
ファイル 1103-2.jpgFBSの社長ロバート氏とカスタムペイントアーティストSteve DeMan氏とそして当HP初公開??のZX10Rカスタム"Amatista Loca"を目の前にして貴重な3ショット 実はロバートさんかなりのカスタムバイク・カスタムカーのコレクターらしいです・・・。ご注文お待ちしておりますよ・・・。
ファイル 1103-3.jpgウチでクロームパーツ製作とパーツ協力させていただいたカスタムペイントショップEL FLAKES(a.k.a.Chiken Farmer Custom Cycles)のGSX-R 1000 K7 240カスタム もちろんペイントはEL FLAKESがFBSカスタムテープを仕様したカスタムペイントに仕上がってます。 経過を一切見せてくれなかった渾身の一作デス。
ファイル 1103-4.jpgSteveがペイントしたSOLIDカークラブさんのエスカレードがベストオブペイントアワード頂きました。おめでとうございます。
ファイル 1103-5.jpgそして・・・本国の名門カークラブNOCTURNALのメンバーもNEXTの為に来日してました。  ショーのときSteveに紹介してもらいました。 まぁアメリカのギャング映画に出てきそうなメンツですが、、、ウチの車輌に凄い興味深々でずっとみてました、Steveこの人たちからウチに仕事貰ってきてくれっ・・・。

とりあえず、ダイジェストで詳しいことは後日にでも・・・、待てない方は当ショップのfacebookページでも・・動画などもあります。

Super Streetbike Magazine Photo shoot tour in Japan

こちらもトップニュースで少し告知しておりますが、補足的な意味合いでブログでも告知させていただきます。
ファイル 1102-1.jpg今年の1月にも当ショップのカスタムバイクを掲載させていただきました、本国アメリカのカスタムスポーツバイク名門誌"Super Streetbike Magazine"のスタッフが4/23~4/29まで日本に来日されます、あくまで大々的な告知ではなく、かといってお忍びというワケではありませんが内々的な告知です。こんなカンジになる予定です。
ファイル 1102-2.jpgまずは、日本のメーカー製品などの取材などをする予定です。
ファイル 1102-3.jpg日本のカスタムバイクを数台撮影し今後発行されるSuper Streetbike Magazineに掲載される予定です。
ファイル 1102-4.jpgSSBスタッフのリクエストでBike Nightを開催します、申し訳ありませんが、場所・日時などの公表は一切しておりません。*Bike Nightの主催は別ショップに委託しております、当店主催ではありませんので、お問い合わせなどもご遠慮下さい。
ファイル 1102-5.jpgあとは個人的にジョッキでビールを飲んでみたいそうです・・。(ホントです・・)  アメリカではジョッキビールは習慣にないみたいです、ビックリ・・・。

4/23~29日までの間の数日、SSBスタッフとの同行がある為ショップ業務・配送業務の遅れが出る場合がございますので、御来店希望などの場合は事前に日程を確認のうえお願いします、ご迷惑をお掛けする場合がある可能性がありますがご了承下さい。

お問い合わせ電話は外出の際はショップから転送され応対可能な状況にしておりますので可能な限りは対応させていただきます。
Super Streetbike Magazine 詳細は、
Website http://www.superstreetbike.com/
facebook page https://www.facebook.com/superstreetbikemag

StillRollin'Custom Sportbike Specialties ”Spring Special"

トップページでも先ほど更新しましたが、StillRollin'Custom Sportbike Specialties Spring Specialやらせていただきます。円安傾向なので、年末年始ほどではありませんがご理解のほうお願いします。
ファイル 1101-1.jpg 4/23~4/29までは全て休業ではありませんがSuper Streetbike Magazineスタッフが来日される為、毎日フルタイムでの応対が出来ません、5/2~5/7まではF.T.W.show出展の為電話応対などは基本的に出来ません。ご了承下さい。

今回はセール以外にも先着限定になりますが、総額¥15,750-以上お買い上げの皆様へF.T.W.specialと称してコチラもプレゼント
ファイル 1101-2.jpg SSB(まだ数量ゆとりあります)F.T.W.7thノベリティーステッカー(数量先着順限定)そして・・・2年前にも大好評だったF.T.W.オフィシャル超薄型盗難防止ステッカーセキュリティシステム??(コチラも数量限定先着順)もプレゼントさせていただきます。
ファイル 1101-3.jpgコチラがF.T.W.オフィシャル超薄型盗難防止ステッカーセキュリティシステム??です。 逆輸入車に張られているコーションラベルに似せたデザインになってますので、何事も無かったかのようにさりげなく溶け込んでくれるはずデス。
*最近、外国人系窃盗団の話などもよく聞きますが、日本語が読めない方には通用しませんので、あくまでシャレの効いたグッズとしてお考え下さい、セキュリティシステムとしての機能を求めている方は保障までは出来ませんのでご使用をご遠慮下さい。

セールに関してのお願い、毎回記載しておりますが残念なことにご理解いただけてない方がたまにいらっしゃいます。
・基本的には個人のお客さんに対して通販対象になります。
・店頭での販売・他店での販売は対象外とさせていただきます。
・当店での作業依頼の場合は別途条件で応対させていただきます。
・ヤフーオークションは一切関係ありません。
・一部生産終了品なども含まれご希望に添えない場合がございます。
・営業時間外のお電話はご遠慮下さい。
聞き苦しいかと思いますが、セールは上記が条件となりますのでご了承下さい。

F.T.W 7th SHOW 今年また登場させていただきます。

そしてコチラも。。。トップニュースと同じくになってしまいますが・・・。
ファイル 1099-1.jpg九州エリアで毎年開催されている、日本最大のオールジャンル・カスタムバイクショーであるF.T.W.showですが、2年前にゲスト招待で出展させていただきましたが、2年振りにF.T.W.showに
再びゲスト招待していただき出展するはこびとなりました。
僕が主催者だったら、一度呼んだゲストをまた呼ばずに別のゲストを呼ぶのに・・・と思いますが、懲りずにゲスト招待で呼んでいただけるのでとてもありがたい話で光栄なことだと思います。
ファイル 1099-2.jpg今回は開催決定後すぐにお話をいただいていたせいか、F.T.W.showの初の広告にさっそく登場しております・・・ウチのブログ見ている人でどれだけCruisin'読んでる人っているんでしょうか・・?? Cruisin' Vol.083 の広告に登場してたりします・・・。 この時点で僕がショーを棄権が出来ないようにクギを刺されているように感じます・・・。
今年はGWに開催されます、多くの来場者さんが来てくれると期待しておりますが、GWの開催が原因でウチも色々と支障が出てきます。
当初3台ほど出展予定でしたが、陸送のスケジュールと金額が見合わず残念ながら1台となりました・・・。
ファイル 1099-3.jpgこれが出展予定の一台です。遠くなので陸送をお願いする予定でしたが、他のスケジュールが合わずです。 
今回は、な。な。な。なんと。。。東京からショー会場熊本まで自走デス。。。 大変ですねぇ。。。 途中で台風に遭ったりしたら・・・。 途中で止まったりも無いとは限らないし・・ どっかのお店のショーバイクみたいに部品落っことしたりするかも知れませんからね・・・。
何年経っても、装飾が先入観を植え付けるのか・・・
素人さんから言われることが、走るの??という何も根拠の無い薄っぺらい台詞・・・ 造ってる側からしたら、"はぁ??"何を根拠にそう言ってるんですか??と納得いくまで理由の話を聞いてやりたいくらいです。 飾るだけならもっと違うモノ造りますし、走らせないならナンバープレートも保安部品も付けないデスね。 そのほうがもっと理想のカタチのバイク造れますからね。。 ただカスタムしているだけでなく、実用性との両立まで考えられて造られてるところまで残念ながら見る目が養われて無いだけの話。。。
じゃあ、自走で行けば立証出来ますかね??
これまでも、ショーへの出展は1度を除いて全部自走ですから・・。 ただ今までよりも遥かに遠い距離・・・ どんなバイクでも流石に緊張しますね・・・。 まぁ無事熊本まで着ける様に頑張ります・・・。
ファイル 1099-4.jpg九州方面の業者様・お客様の方々には、大変お世話になっておりますので今回、会場で皆さんにお会い出来ることを楽しみにしております。 
ファイル 1099-5.jpgF.T,W.show事務局さんから色々とプロモーション用で頂きました。 あとで改めて告知しますが、数量限定なので先着順になりますが通販してくれたお客さんに限定でプレゼントしたいと思います。

第7回 エフティーダブリューショー
日 時:2013年5月5日(日曜日) 9:00~16:00 
場 所:グランメッセ熊本(九州自動車道:益城/熊本空港IC横)
ローソンチケットにて絶賛発売中 Lコード:84455
前売り券 : ¥2,000 当日¥2,500 男女ペアチケット¥3,500(当日券のみ)
中高生¥1,000(当日) 小学生以下無料(保護者同伴に限る) 駐車場無料
F.T.W.show 詳細 http://www.ftw-show.com/
FTW show FB page http://www.facebook.com/pages/FTW-show-
グランメッセ熊本 詳細 http://www.grandmesse.jp/

NEXT New style Custom Auto show 2013

既にトップニュースにて告知しておりましたが、改めてブログで・・・。
たぶん5年ぶりくらいに関東でカスタムショーに当ショップのカスタムバイクを出展します。
ファイル 1097-1.jpg4/21日幕張メッセで、NEXT New style Custom Auto show 2013 が開催されますが、そちらに出展予定です。
といっても、ウチがエントリーするのではないのですが
 
ファイル 1097-2.jpgこの方のプロモーションのお手伝いというカタチで出展させていただきます。 そう以前にも紹介させていただきました、只今来日中のSteve DeMan氏です。
カスタムの世界が好きな方にはたまらないでしょうが、バイクのことしか知らない方からしたらホント有名なの??と疑われそうですが、実際こうやってSteveが取り上げられてることでわからなかった方からも少しは実感出来ますかね??
カスタムペイント用ラインテープなどをリリースしているFBS CUSTOM TAPES & SPRAYERSのプロモーションを兼ねてSteve DeMan氏が代表し日本総代理店DMCさんの協力の基でブース出展されます。
その中で当ショップのカスタムバイクが展示されます。
ファイル 1097-3.jpgそんな気になるバイクですが、たぶんそろそろ出来上がります、これまでに無いスタイルですし久々のハイボリュームな内容かつ余計なモノに無いカスタムバイクに仕上がってます。
ファイル 1097-4.jpgこの先もショーに出展する予定が少しあるので、お客さんにも気合入れていただいて、ホイールチョックスタンドなどまでカスタムペイントしてます、ここまでやるとショーに出すときも自宅で保管するときも気持ちがイイモンですね。
ファイル 1097-5.jpgそんな久々のカスタムショーですが、もう来週と迫りました。もうひとふんばりデス。。

日時:2013年4月21日(日) AM11:00~PM:6:00
場所:幕張メッセ国際展示場1・2ホール&屋外展示場
入場料:当日3,150円 前売り券2,520円(小学生以下無料) 
詳細は、New style Custom Auto show Website http://newstylecustom.com/
facebook http://www.facebook.com/newstylecustom
Kolor Kings Website http://www.kolorkings.com/

MOTO Addicts Magazine vol.02

3月の下旬の話になりますが、モトアディクツ マガジン 第2号が発売になりました。
な・な・な・なんと創刊号の発行部数3万冊だそうです、(参考までに通常のバイク雑誌だと1万冊いけばいいくらいなのが現状だそうです)
ファイル 1098-1.jpgコチラがモトアディクツマガジン2号です、表紙はまたロッシみたいです。。3号目は誰なんでしょうね。。
表紙の通りな内容も盛りだくさんな中、ロッシと全く絡みの無いようなウチのネタまで掲載されております。
ファイル 1098-2.jpgコチラはブログでもまだ改めて紹介もしていないまま雑誌が初披露となったGSX-R1000 240カスタム"Black Ice"白いバイクなのにあえてブラックという名前の外し具合が個人的にツボです。
これまで、フルカスタム系の車輌はハイエンドなパーツが散りばめられた車輌が多かったですが、コチラはその逆バージョン?? コストパフォーマンスの高いパーツばかりを掻き集め、細かいトコまでツボを抑えたフルカスタムな車輌に仕上げてます。
今まではUSカスタムらしくを意識してきましたが、コチラは良くも悪くもスポーツバイクらしく・そしてUSカスタムらしくを意識してます。
もちろん、ウチで今まで造ってきたようなショーカスタム的なテイストのカスタムバイクよりもコストは1/2くらいで仕上がり、出来上がりの納期も早くかつシンプルで飽きの来にくくを意識してます。 新車を買ってちょっとしたカスタムの総額を目安に、中古ベースでしっかりUSスタイルのカスタムバイクでまとめてます。
もちろん、それ以上・それ以下でも調整出来ますし、異なるバージョンにも仕上げられますので、これからのカスタムのベーススタンダードになってもらえればと思います。
あとでブログでもしっかり紹介させていただきますが、本に取って見たい方は是非モトアディクツを購入して読んでみて下さい。
ファイル 1098-3.jpgそしてもう一台CBR1000RR240カスタム”Jester Feelgood"も掲載されてます。ヘルメット被ってますが、僕がやってます、大したことやってませんが合成写真ではありません。一応ガチショットです。
ファイル 1098-4.jpg年始に出た海外誌SuperStreetbike Magazineの撮影実はMotoAddicts Magazineさんに撮影協力していただいてます、同じロケ地・同じスタッフで撮影してますが、魅せ方が違った国内バージョンになってます、個人的には、こっちの魅せ方のほうが好きです。
ネットの写真ばかりでなく、たまには書店に行って物としての情報を得てみるのも悪くないデス、まだ買ってない方は是非MotoAddicts Magazine買ってみてください。

THE AWESOMEST:GSX-R1000 240カスタム"BLACK ICE"(初公開車輌) 2P
NEW SCHOOL Addicts:CBR1000RR 240カスタム”Jester feelgood"4P
当ショップ製作車輌の上記2台が掲載されております。
インターデザイン http://www.inter-design.info/
MOTO Addicts face book http://www.facebook.com/MotoAddictsMagazine

Stealth HID conversion kit in東京モーターサイクルショー2013

皆さんは東京モーターサイクルショーには行かれたでしょうか??
ウチは過去に一度だけメーカーのイメージ車輌で車輌提供出展をしたことがありましたが、今回弊社製品が東京モーターサイクルショーに出るのははじめてかも知れません。
僕は残念ながら、別の予定があったので行く事が出来なかったのですが、ありがたいことに協力していただいている業者さんが写真を撮っていただきましたので今回ブログが出来る限りであります。
ファイル 1100-1.jpg事の始まりは今から約2年前、HIDメーカーの元スタッフの協力していただき約1年の企画期間を設け、1年前にStealth H.I.D.conversion kitという、恐らく業界最小の周辺機器で備えたバイク用HIDを発売することになりました、最初は小さなところからでしたが、お客さん・口コミ・販売協力業者さんのおかげもありこれまでにない流通量で幸先の良いスタートとなりました、今回日本のバイクパーツの3大商社でもあるKijimaさんが、今現在東京ビッグサイトで開催されているトーキョーモーターサイクルショーを皮切りに弊社製品の販売流通協力会社として参入していただき、今回のショーで弊社製品を大々的にプロモーションしていただいております。
ウチみたいに小さな会社からしたらとても喜ばしい限りであります。
そんな東京モーターサイクルショーでのKijimaさんの展示模様はコチラです。
ファイル 1100-2.jpg
ファイル 1100-3.jpg
ファイル 1100-4.jpgコチラが2013年版Kijimaパーツカタログです、恐らく全国のバイク屋さんに並んでいるカタログです。
ファイル 1100-5.jpg102ページ目にStealth HID conversion kitが掲載されております、基本的にはどのバイク屋さんでも注文可能です、ただHIDに関しての知識というのはバイクの取扱いとは異なりますので、専門知識を持った業者さんに取付けと注文をすることをお薦めします。
客観てきにみたら、世界観が強くやりたい放題なことやってるふうにみられガチですが、そんな同じ情熱を労力を別のカタチで業界貢献へと繋げることを企画しはじめました、それがその第一号製品、ウチのことを知らないお客さんへも安心した夜間の明るい視界を届け少しでも事故が減ること出来たり、今まで不利益の多いバイクHID業務を、右か左だけでなく都合の良い真ん中な製品が流通することで業界への利益貢献にも繋がる製品を造ったつもりです、これが終わりではなくこれから大きなスタートになるかもしれません。
アウトローなカスタムばっかりやってないで、たまには業界貢献もしようとしているつもりの僕であります・・・。

3ヶ月振りのブログですね。

ここ数ヶ月はドタバタ気味でブログをする労力まで至らずで、時々やっているショップのfacebookページのほうが手軽でリアルタイムに書けるしブログより楽ですね、FBだと細かいことが書きづらいのが弱点ですがね。。。
久々にブログをやるか・・・と思いながらも、どこから書いていいのかわかりません。。
なので、前回のブログの延長で・・・
ファイル 1096-1.jpgみなさんにはすでに届きましたか?? アベノミックス効果?? 
最近は輸入業大変ですね??と言われることがありますが、あまり深刻には考えてないデスね・・。 色々と対策は考えてますが、景気が良くなるほうが全体にとっては断然イイので。。。
ファイル 1096-2.gifで前回のブログの予想通り為替レートは既に1$/100円に到達しましたね。
前々からドル預金しようかなと思ってましたが、流石にするタイミングを逃しましたね・・・。 その件に関しては少し後悔してます・・・。預金が1.25倍になりますからねぇ・・。
ということは。。。 お客さんが気にしなければならないこととして弊社が扱う部品代のほうも1.25倍になるのでしょうか??という話になってきますね。。
このまま上がり続けると、考えなければなりませんが今のところ大半はセーフな範囲ですかね。。
ファイル 1096-3.jpg小物パーツならまださほど影響ありませんが、ただこういった商品に関しては今後影響でそうですね。。
ファイル 1096-4.jpg前回のブログの効果があったせいか、バイク業界の冬眠シーズンにも関わらず、結構な数のオーダー頂きました、ご注文頂きましたお客さんありがとうございます。 そろそろデリバリーが出来る時期になりつつありますので、もうしばらくお待ち下さい。
こういった商品1.25倍になったらお客さん的には厳しいデスよね。。80万なら単純に100万ですから・・・・。
据え置きに出来る保障までは出来ませんが、1.25倍にしない方法は考え付きました。 危機から学ぶ打開案ってヤツですかね。。
ああホントは欲しかったんだよな・・・と諦めてたお客さん居ましたら諦めずに本気ならお問い合わせ下さい。 なんとか出来ますので。。

最近よくある"本気モードな"問い合わせ・・・。

今回は、少し社会的な出来事のネタを絡めてみます・・・・。関係なさそうで、実は関係充分にあります・・・。
ファイル 1094-1.jpg去年の年末あたりからこんな映画のDVDがレンタル開始されたかと思いますが・・・・ではなくて・・・
去年の年末あたりから日本の政治体制は今までとは大きく変わろうとしております、ニュースをみている方ならなんとなく把握しているかと思いますが、日本の株価の急上昇・為替の円安化・まぁ政治の期待感と年末年始の思わせぶりご祝儀かと一瞬思っておりましたが、もしかしたら日本はバブルの再来がくるとまで言われています、この仕掛けバブルがコケたら日本はどうなるのやら・・
まぁバブルに期待なんてしてません、現状よりかは良くはなって欲しいのが本音・・・本当に変わってくれなければこのまま日本駄目になっちゃいますね・・・・。
ファイル 1094-2.jpgそんなココ数年間何もせず黙ってみていたのがこの人だといわれているようですが・・・。確かに・・・
ファイル 1094-3.jpgそしてこの人も・・・とドサクサに紛れて登場させてみる・・・ 政治とは関係なさそうです・・・
スミマセン・・・・話題の要点からかなり脱線しました・・・・。
ファイル 1094-4.gifさて本題です・・・安部政権に変わってから円安方向に為替が動いております、このままだとつい最近まで$1=80円ちょっとでしたが、$1=¥100に近いうちなるのではとまで言われてます。 現時点で$1=90くらいですね・・・。
実際のところ今まででも、為替手数料など色々ありそのままというワケではないのですが・・・
まぁ要点を話してしまうと、$1=¥100にはなる可能性があっても$1=¥80に戻るということはなさそうデス。
ファイル 1094-5.jpgさて、、、ご存知かと思いますが、当店で扱っているパーツ類などは通常アメリカからの輸入商品ですので、こういった為替ということに関して大きく関係しております。
ただ今まで円高になろうと、見積もりが必要な大きな部品に関しては、実際販売させていただく際に価格を為替に準じて価格調整しておりましたが、小さな商品に関してはあまり変えてきませんでした、しょっちゅう動いていたらキリがありませんし、上がったとき値上げするのが皆さん一番嫌でしょうから、、、
セール時は還元してきたつもりではありますが、大きな商品でない限りは大きく価格は変えてきませんでした。
今までそうさせていただいた分、この先為替が円安に向いてもある程度の範囲であれば通常商品は値上げはしない方向で考えております。
去年からメーカーと色々やってまして、この先皆さんがこのジャンルを盛り上げようと当店で部品をちゃんと買ってくれたりカスタムしてくれるようでしたら、むしろそれに反して下げてもいいくらいに考えてます。
ただワイドスウィングアーム・ホイールなどの大きな商品ですのでそうはいきません。
よく見積もりだけの問い合わせがありますが、いつ注文するのかはっきり伝えてもらえないので通常参考価格しか見積もれないので見積もっている側としても、やりにくかったりするのが現状だったりします、ちゃんとオーダー前提で見積もり依頼してもらえるお客さんに関しては、レートに沿って還元させていただき価格を算出させていただいておりましたが・・・。

最近では、為替レートが円安に向いているのでドルが100円にならないウチにと、見積もり後注文を入れていただいている"本気モードな"お客様もチラホラいらっしゃいます。
長々と書いてしまいましたが、簡単に言ってしまえば、
注文前提で"本気モードで"検討しているお客さんいらっしゃいましたら、当店も"本気モードで"御見積させていただきます。
わからないことなど詳細に関しては"本気モード"でしたらお電話でお問い合わせいただければ"本気モード"で対応させていただきます。
検討中な方いらっしゃいましたら、お気軽に"本気モード"でお問い合わせください。。。こんなこと出来るのもしかしたらこの先ないかも知れませんから・・・・。

まぁどちらにしろ、もういい加減不景気には疲れたでしょうから、元気になって欲しいですよね、この日本・・・・。

実験的に・・・・StillRollin'facebookページ起動ちうデス・・・。

去年からアカウント登録だけしておりましたが、StillRollin'Incオフィシャル??ページ・・・・。
今までこのホームページあるからfacebookページなんてやる必要ないって正直思ってました・・・。
ウチのホームページ、おかげさまで昔からアクセス数だけはイッチョ前に今でもあるんデス。。。
ただ情報はショップから訪問者さんに一方的に流すだけの機能にあえてしているのですが、このHP内では交流する機能はありません。
しかも、昔はマメにブログしてましたが、今ではこのブログ月に1・2度更新、しない月もたまにあったりで・・・過去ログの総集編みたいになってしまい、意外と情報が時期は合っていてもリアルタイムになってません・・・。
実際のところ、HPの更新などに昔に比べて更新頻度を減らしている理由のひとつとして、一方的な情報発信なだけで外の反響がまったくわからないのでやっている実感があまりないのです・・・、ブログみたんですが。。の問い合わせでああ見てる人がいるんだとやっと実感が少しあるくらいで・・・
同じアップ更新するなら相手の反響が見えているほうが良いかなと思いました。
なので、ウチの今のHPに欠けている、、、少しは交流が出来る機能を持って、少しはリアルタイムな感じのモノをと思い今年に入ってから試験的にfacebookページを起動させております。
現時点で少数ではありますが、気が付いた方はすでに登録・参加していただいている方いらっしゃるみたいです。ありがとうございます!!
そんなこんなで、ウチのHPではイマイチ・・とお思いの方いらっしゃいましたら是非ご登録下さい。
ただあくまで、現時点では試験的にデス。まだfacebook使いこなせてませんし・・・ 今は出来るだけ意識するのが精一杯ですが・・・。
ただ、一方的に見られているだけでなどといったHPと変わらない結果になるようであれば、すぐにやめようと思います。
なので、この先起動させようとしているfacebookページは、皆さんの反響が動力になります、盛り上げてもらえないならそのまま止まったままになり、盛り上げてもらえるのであれば、面白いページになるかも知れません。
今まで一方的な情報発信の当ショップのウェブサイトですが、facebookページは皆さんの参加意欲で成り立ってもらおうと考えてます。
facebookページではウェブサイトとは異なって詳しくは書けないでしょうが、ちょっとしたどうもいいコトだったり、情報の速さだったり、当ウェブサイトのブログにはない部分を見せてみようと思います。
コメントいただけるのであれば、返せる限りはがんばろうと思います。
ファイル 1095-1.jpgとりあえず。。。コレね・・・・スミマセン間違えました。。。。
ファイル 1095-2.jpgとりあえず・・・・コチラお願いします!!
StillRollin'Inc facebookページのリンクは、、http://www.facebook.com/StillRollin.Inc

**スミマセンが個人のほうは私用ですので、そちらへの申請は正直・対応に困りますのでお控えいただければと思います・・・。ご理解いただけますようよろしくお願いします・・・。

Super Streetbike ウェブサイト・フェイスブックページでも掲載されてます。

雑誌の発売とウェブサイトのアップがかなりタイムラグがありましたが、先ほどの模様がSSBのウェブサイト・facebookページでも掲載されております。
ファイル 1093-1.jpgファイル 1093-2.jpg写真撮影は、今話題沸騰中??のバイク雑誌MotoAddictsスタッフの皆さんからの協力です。
ファイル 1093-3.jpgSSBのリクエストで、真夏の真昼間にフルフェイス・レザージャケット着ての撮影・・・、あまりの灼熱に立眩みで倒れそうでした・・・・。
ファイル 1093-4.jpgこれもSSBからのリクエストカット、一通りカスタムしたバイクであってもあくまでバイク・・・、出来ることはしっかり果たすべきデスね・・・ガッツリ・バーンナウトです。。
ちなみに、バイクに乗ってたりするのは僕だったりします・・・ヘルメットかぶってるからわからないでしょうが・・・。

そんなSSBウェブサイト下記リンクからチェックできます。
http://www.superstreetbike.com/features/1301_sbkp_2007_honda_cbr1000rr/
SSBのフェイスブックページでも下記リンクからチェックできます。
facebook page https://www.facebook.com/superstreetbikemag
SSBのフェイスブックページを見てビックリしたことが・・・・、"いいね"(海外では"Like")のカウント数が現時点で1480件 "シェア"285件 SSBのフェイスブックページでも”いいね"カウント数歴代2位であります。
ちなみにSSBフェイスブックページ歴代1位の"いいね"カウント数1500です。 あと20件あれば歴代1位になれるかも・・・・
まぁ数字なんてそんな小さなコトにはあまりこだわってはいませんが、、、、 
もし気が向いたらやってやってください。。。
ファイル 1093-5.jpgいつものアレ・・・ポチッとお願いします・・・"いいね"????・・・・

SSB入荷しております。

先日からトップページでも告知させていただいておりますが、ショップで製作させていただきました、CBR1000RRカスタム"Jester Feelgood"が海外でのUSスタイル専門カスタム誌Super Streetbike Magazine 2013 1月号が入荷しました。
ファイル 1092-1.jpg普段は部品ばかりですが、こんな数量の雑誌を仕入れたのは久々デス。。。。 
ファイル 1092-2.jpgこんな感じでメインページ6Pで掲載されてます、他にも本国のカスタムショップのショーカスタムバイクやパフォーマンスカスタムバイクなども特集されてます。

ファイル 1092-3.jpg当ショップのパーツサイトStillRollin'Custom Sportbike Specialtiesから簡単に注文が出来ます。
こちらから注文可能です。
http://www.custom-sportbike.com/?mode=cate&cbid=694784&csid=0
価格は1,470円、実際のところ現地では$5程度なのです、本来ならもっと手軽な価格にしたかったのですが、雑誌の輸送費ってパーツと比較すると馬鹿になりません・・・なので価格のほうは、洋書屋さん並の価格にさせていただきました・・・。
雑誌のみの購入のお客様雑誌自体は小単価な商品ですが、お支払いの関係上代引きになりますので、別途代引き手数料¥315-・通常発送の送料¥745~が別途かかってしまいます・・・。
なので・・ウチなりになんとか考えました・・・、ウェブショップ掲載商品の商品金額¥15,750-以上のご注文のお客様に雑誌一冊サービスさせていただきます。そして商品総額から10%offさせていただきます。 そしたら雑誌一冊購入よりもお得感あるかと思います・・・。  Super Streetbike Special SALEは、2/28まで開催させていただきます。
海外では10年以上続いている老舗有名雑誌ですが、日本の洋書屋さんに行ってもなかなか売っていないSuper Streetbike Magazineこの機会に是非。。。 
反響が良ければ、今後・毎号数量限定で入荷しようか検討中です。
あまり反響なければ、やらないかと思いますが。。。。
今後のStillRollin'の展開は、お客さん皆さんの"期待"と"需要"に準じて展開していきたいと思います。。

ページ移動