ABOUT STILLROLLIN

logo

記事一覧

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム⑥

色が同系でなかったりした部分は一通り済んだような気もしますが、リフレッシュ的な要素のカスタムもしていこうと思います。
ファイル 1061-1.jpgコチラのアンダートレイですが、当時エアサスなどを組んでいたりで干渉してペイントが剥がれてしまっていたり・・・。
リフレッシュしたいと思います。
ファイル 1061-2.jpgコチラは海外製のアンダーテールでなく大阪のショップRESERVEさんのオリジナルのアンダーテールで、同色系のペイントをしてみました。
普段USモノのパーツしたほとんど使いませんが、Reserveさんのアンダーテール凄い画期的でいい商品デス。
海外製のアンダーテールはテールランプごと交換のタイプが多く意外とテール周りが隼らしくなくなってしまったりするものも多く個人的にもあまり好きではありませんでしたが、Reserveさんのアンダーテールはノーマルテールを使用するタイプでしかもロー&ロングスタイル用に隼の欠点??でもある、車高と延長のバランスが悪いとタイヤとアンダーテールが干渉しやすい欠点を回避出来るように深めなアンダーテールになってます、コレはホントにオススメです、受注生産でまだ生産しているようなので困っていた方は是非。。 しかも、バッテリートレーなどもちゃんと付いているので親切設計デスね。。。 欲を言えば小物入れの仕切りも欲しかったトコです・・・・。
ファイル 1061-3.jpgファイル 1061-4.jpgカスタム前小物入れスペースを占有し小物入れの利便性の機能を失いかけていたETCとパワーコマンダーですが、シートフレーム内に移動しました。
ファイル 1061-5.jpgこの状態でETCとパワーコマンダーがインストールされている隼の小物入れ周りです、ちゃんと従来通り小物も入れられますね。。。 ウチのカスタムって見た目だけって思われガチですが、ちゃんと実用性を兼ねて造ってます、ただ盛るだけのありきたりなショップの日本流のカスタムでなく、食べた分ちゃんと痩せる的なカスタムを心がけてます。まぁわからない人にはわからなくていいかと思いますがね。。

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム⑤

さぁて、お次はいかにもStillRollin'っぽい要素のカスタムをしたいと思います。。。 前の完成当初からずっとコレやったらカッコイイのに・・・とずっと心に秘めていた構想のひとつなんですが・・・。
ファイル 1060-1.jpgこちら、入庫前の状態。。。フィルムでイエロー系のレンズ類にドレスアップされてます。。
ファイル 1060-2.jpgこちらは作業前・・まぁフィルムを剥がしただけなので、至ってノーマルなカンジです・・・
ファイル 1060-3.jpgさぁて私の出番ですねぇ、、、ベタではありますがこの色しか思いつきません・・・コチラはブラウン系でいきたいと思います。。。。
ファイル 1060-4.jpgヘッドライトの透け具合も考慮してただのブラウン系ではなく、実は2色の層にしてます。イメージどおりです・・・・。
ファイル 1060-5.jpgんん~っ。。。なんていうか・・・・StillRollin'らしくなっちゃいましたねぇ。。。。 ちょいとイカちいカンジで迫力満点デス。。。

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム④

クラッチカバーも同系色の色入れもそうですが、左側のフロントドライブカバーも実は真っ黒のノーマルのままでしたので、一緒に色入れをしたいと思います。
ファイル 1059-1.jpgコチラは色入れ前の足付け作業中のドライブカバーとクラッチカバーです。。
ファイル 1059-2.jpgコチラの2点のパーツもアルマイトしたいトコですが、鋳物アルミパーツの為アルマイト出来ないので、ボディとペイントと同系色で色入れしてみました。
ファイル 1059-3.jpg一緒とは言いにくいですが、クラッチプレートのほうもカウルの隼のロゴがキャンディルートビア系でペイントされているので、ワンポイントアクセント感覚で隼のロゴの色と同じ色にしてみました。せっかく目立つパーツですから、地味な色でないほうが映えますよね。。。
ファイル 1059-4.jpgさっそく、クラッチプレートの取付けを・・・いやぁ・・・色が同系でないのでめちゃくちゃ色飛びしてますなぁ・・と思いきや・・・。
ファイル 1059-5.jpgクラッチカバーを取り付けたらクラッチカバーの色で派手めな色のクラッチプレートも色感が中和されたカンジになりました。
一見外し色に思えますが、引いて車輌全体で見ると普通にハマってます。。
  

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム③

お次は、シースルークラッチカバーを取付ける仕込みの準備をしたいと思います。
ファイル 1058-1.jpgコチラ、数年前にオーナーさんがウチで購入してくれていたのですが、サイドカウルのカットをしなければならなかったり、クラッチカバーの色を入れなければならなかったりで、色々と面倒で買ったはいいのですが、ずっと取付けていなかったパーツです。
シースルークラッチカバーの元祖でもあるT.O.C.C製です、もう手に入らない貴重なパーツだったりもします。
ファイル 1058-2.jpgこのときクラッチカバーはノーマルの黒のまま・・・ ミューラルペイントの外装をカットするのも結構度胸が要りますね・・・。 とりあえず徐々にカットしていきますが目安ラインくらいは引いておかなければ・・・。
ファイル 1058-3.jpgクラッチカバーがだんだん見えてきました。ココまで来るのに4.5回くらいの様子見のカット作業。。。。
ファイル 1058-4.jpg目処も立ってきてあとはカットラインの修正くらいでしょうかねぇ、、、 この作業結構やってますが、カスタムペイントが済んだ車輌のカウルをカットするのは初めてだったので普段よりも緊張しました。。。。
ファイル 1058-5.jpgとりあえず、カット面とカット後見えてしまう裏面は、しっかり同色系のペイントもしちゃってます。

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム②

車検・とメンテナンス関係も無事一通り済ませて、戻しも兼ねてカスタムしていきます。
ファイル 1057-1.jpgまずはフロントフォークから・・?? "Just Anodized"なんですが、色々ありまして??実はFフォークはクロームだったりしてます・・・。コチラも"Just Anodized"仕様にしなければデスね・・・・。
ファイル 1057-2.jpgとりあえず、フロントフォークをバラしてクロームを剥がしました。オーバーホールも兼ねてのカスタムです。
ファイル 1057-3.jpgアクスル周りのほうはアルマイトが出来ないのでボディと同じ色にペイントしました。
ファイル 1057-4.jpgフォークのアウターチューブはアルマイト出来ますので、アウターをポリッシュしたベースにアルマイトでキャンディアナダイズド仕様です、同系色で色のコントラストをつけてみようという意見から濃いめな色のキャンディブラウン系のアナダイズドです。
組立て時にメタル・シール・オイル類など全て新品なので見た目も中身もフルリフレッシュです。
ファイル 1057-5.jpg早速車輌に組み始めます、クロームに比べたら断然マッチしてますね。。。当たり前ですが・・・・。

"Just Anodized"Hayabusa リニューアルカスタム①

作業しっぱなしで、ブログお決まりのように放置してしまいましたね。。 リアルタイムブログでないウチのブログでありますが今回は先日車検もさせていただいた"Just Anodized"隼のリニューアルカスタムでも紹介したいと思います。
コチラの車輌THE CHECK SHOPさんで製作されたバイクですが、今回ウチでリニューアルさせていただきます。
ファイル 1056-1.jpg5年ほど前では某国内廃刊誌のカバーを飾ったり。。当時雑誌の巻頭スタジオ撮影が一緒だったので初めてみたときはかなり衝撃的でした・・・・。
ファイル 1056-2.jpgファイル 1056-3.jpg国内誌と共有記事だったりしますが、海外専門誌Super Street Bikeでも紹介されたり。
このときウチが一緒に紹介されたのは迷彩ペイントのR1"Highway Squad"でした。
ファイル 1056-4.jpgファイル 1056-5.jpgこちらも海外のカスタム・ライフスタイルカルチャー誌Street Desirez Magazineにも紹介されました。
こちらが紹介されたときウチは300クロームカスタムのR1"Rollin' on the Cradle"が表紙になったときの号でした。
海外で紹介されただけに、向こうでも名車として今でも覚えてくれている方も多いみたいですが、ウチの製作車輌と一緒に紹介されていたことが多かったせいか、この隼はウチで製作した車輌だと思い込んでいる方も多いみたいデス・・・。
実際、パーツ協力などは以前からさせていただいておりましたが、今回、この名車をウチでリニューアルカスタムをさせていただきます。 名高い車輌なだけにかっこ悪くも良くもすのはウチ次第・・ヘタなことは出来ませんね・・・。

夏休み??の宿題。。。。

周りの皆さんの温かいご協力の基に、色々と時間掛けてみましたが。。。そろそろ明日夏休みを宿題を終わらせなければなりません・・・・・。
ファイル 1055-1.jpgファイル 1055-2.jpgファイル 1055-3.jpgファイル 1055-4.jpgファイル 1055-5.jpg明日早起きが出来るかとても心配デス・・・・。

  

EL FLAKES GSX-R1000 K7-K8

一年以上前にフレーム廻りの製作とパーツ協力をさせていただきました、千葉にあるカスタムペイントショップ“EL FLAKES"製作のGSX-R1000を遊びに来がてら見に行ってきました。
ファイル 1054-1.jpgファイル 1054-2.jpg車体フレーム廻りはフルクローム仕上げにTRAC+6インチにPMホイールHooliganクロームにリアは8.5x18の240サイズです、前後のキャリパーもパフォーマンスマシンのラジアル4ポッドを3個導入するなど、さりげなくゴージャスな仕上りになってます。
ファイル 1054-3.jpgヘッドライト廻りはもちろんStealth HID conversion kitにLoの上部はプロジェクターヘッドライトキット仕様にさらにCCFLリングレッドをチョイスしてヘッドライトレンズはキャンディスモーク化されてます。K7-K8モデルはヘッドライトを色いれるだけで雰囲気が別物に見えますよね・・。
ファイル 1054-4.jpgハンドル廻りもRoaringToyz Yanashiki RSDパーツなど中には生産終了パーツが満載な組合せな小物パーツのチョイスになってます。
ファイル 1054-5.jpgキャンディマルーンxブラック・ピンスト&リーフのカスタムペイントはもちろんEL FRAKESで塗られてます。
久々に国内でカッコよく決まったカスタムスポーツバイクを見させていただきました。また一緒に造りましょう。。。
千葉・茨城方面などの方気になりましたら是非チェックしてみてください。

ガスグラフィックスさんからのイタダキ物。。。

スクータートライブ・3Wheels・USDM Freaksで御馴染みのガスグラフィックスに昨夜遊びに??(たぶん仕事で行ったと思います)行って来ました。
雑誌をいただいたので、宣伝でもさせていただこうと思います。

ファイル 1053-1.jpgT-MAX本"T-MAX NOW" T-MAX530発売されましたしね・・・ 思いっきりユーロテイストなデザインがカッコよすぎます・・・。明日8/31発売デス。

ファイル 1053-2.jpgなぜT-MAX本をもらえたかといいますと・・・・・。実は私・・T-MAXオーナーなんです・・・・。所有して5・6年になりますが、使用用途はお店の近所の買い物かお客さんへの代車くらい・・・。購入当初はカスタムしてT-MAXカスタムの部門を開設してもイイかな・・なんて思ってましたが、結局ほとんどカスタムせず、写真ではスーパートラップマフラーですが、今ではノーマルマフラーです・・今現在の改造箇所は、自社製品HIDとETCとロースクリーンくらい・・・。 いいバイクだと思いますし、スクーターの中ではNO.1だと思ってるんですがねぇ・・個人的には・・。

ファイル 1053-3.jpgそして今までのカスタムカー業界では前例がなかったUSDM専門誌。。。空前のヒットで早くもVol03.発売中だそうです。Vol.1は完売でネットオークションでプレミア価格で取引されているそうです・・・。出版不況の状況下の中では偉業デスね。。。

ファイル 1053-4.jpgなぜ、USDM FREAXを頂けたかといいますと・・。以前このブログでも少しだけ公表したことがあるのでご存知のかたもいるかと思いますが、実は私プリウスのオーナーだったりします・・・。
といってもプリウス??USDM??と思われそうですが、プリウスはほぼ北米仕様にカスタムされております。
USDMの定義って、個人的にはレンズ類などが北米仕様に変更されててフェンダーマーカーがちゃんと処理されてて北米仕様のコーションラベルが張ってあってみたいな、北米仕様に詳細を変更しているにも関わらず右ハンドル的なアメリカかぶれなカスタムってイメージなんですが、、、、
廻りをみていると・さらにホイールは何かの流用だったり、最近では小径化されたホイールをタイヤ引っ張り~で、タイヤのキャンバーはハの字でリムがフェンダーに被った流行??のヘラフラッシュとやらいわれているスタイルだったり・・がUSDMの定義などと言われてたり・・・??
ヘラフラッシュとかあまり興味がありませんが、定義を聞くとフェンダーとホイールがツライチであることが前提で特に車高がとかホイールブランドとかはあまり関係ないそうですね・・・・。
まぁウチのはフェンダーとホイールは思いっきりツライチですが、ヘラフラッシュでなくてもどっちでもイイです・・・・。
ちなみに、このプリウスレンズ類はフルUSにHIDはもちろんLEDデイライトカスタムだったり、もちろんフェンダーマーカーはもちろんスムージングされてますし、爆音派ではありませんがオーディオはKicker12インチがインストールされボディはフルデッドニングされてます。そしてホイールLEXANIの20"がすっぽり入っており、国民的代表車プリウスのかけらがあまりカンジられません・・・・。
ある程度満足した仕上りですが、あとはフレーム補強とローダウンはしたいかなぁ。。。。エコカー路線というより完璧エゴカー路線デス・・・・。

雑誌の話しってより・・・私物自慢??の話しになっちゃいましたね・・・・。 というワケで・・・・T-MAX NOW 明日8/31発売デス・・・。

    
レース開催時に間違えて人のバイクに乗り込もうとしそれを阻止しようと必死の被害者ライダー・・・・。 コレは事前に仕込んだやらせでしょうか・・・・。それにしても面白いデス・・・。

Budget Build GSX-R@StillRollin'modellart??

前回のブログで告知させていただきました240キットですが・・、いくつかの問い合わせは頂いておりましたが、とりあえず終了とさせていただきます。
同じようなキットは受注でも常時販売しておりますので、逃したとお思いのお客様いらっしゃいましたら、似たような金額では販売可能ですのでそちらでご注文のほうお願い致します。
前回のブログは、http://www.stillrollin.com/blog/index.cgi?no=1037
ファイル 1052-1.jpg他にも細かいパーツ類もショップには在庫あるしで、、、せっかくなので、、、お店で久々に簡単な一台を作ろうかと思います。

ファイル 1052-2.jpgとりあえず先日カスタムベース車輌を抑えてきました。足廻りの適合の合う車輌であれば、何でも良かったのですが前に隼に乗っていたので同じ隼を買うのだけは気が引けたので、GSX-R1000 K3-K4モデルを・・・・5・6年前に比べると車体価格もかなり手頃ですからね・・・・。
ファイル 1052-3.jpg数ヶ月前に紹介させていただいた、ウェブマガジンBling RocketsとRoaringToyzの企画の100万予算プロジェクトで造られたGSX-R K1-K2 コレは自然過ぎたカスタムバイクでカッコイイ・・手を出しやすい内容なんだから、お金だけ掛けて中途半端な仕上りのバイクに乗るくらいなら、日本でもこういうさりげないアメリカナイズドなカスタム車輌あって欲しいくらいだ・・・・。

コチラは車体+240kit+マフラー・燃調カスタムで100万円企画らしいのですが、日本だと中古車市場もパーツ価格も少し違うので、ウチなりにアレンジしたものにしようと思います。

バリっとしたカスタム車に仕上げるワケではありませんが、これからまた乗ってみようかなとか、乗り換えようかなとか、って思えそうな予算内で出来そうなカスタムバイクに仕上げてみようと思います。  相場的にいうと60-70万円台のベース車体に240を組んで一通りのパーツカスタムなどを施して100万前後(もちろん内容による)で無理して新車買うよりかは似た価格帯でまとまったカスタム車という趣向の人に参考になれるような車両にでも仕上げようかと思います。
今まで、高域なカスタムバイクが多いウチの車輌ですが、パーツ商社も兼ねたショップなだけにバリューのあるプロジェクトになればと思います。
まぁヤル気さえあれば、色んな形のバリエーションでパッケージできますからこれから考え直してみたいなんて方は是非・・・・
ファイル 1052-4.jpgブラックフレームの隼に比べ敬遠されガチなシルバーフレームの隼でも、ホイールまでブラッシュド・フィニッシュのホイールを組み合わせれば結構カッコイイバイクになったりしますしね・・・。

   

   

ココ最近みた変わったモノや出来事・・・・。

ココ最近、人に自慢出来る??出来そうな出来事などがいくつかあります・・・。
ファイル 1051-1.jpgコレはGW中に見かけたのですが、3D貞子のプロモーションカーin 渋谷・・・
ファイル 1051-2.jpgコレは2ヶ月くらい前に見つけました・・アンクルサムのパロディの野田首相・・・増税は気に食わないですが、パロディ具合が個人的にはウケたのですが、渋谷のど真ん中に張ってあったにも関わらず、誰も見向きもせずなカンジで、ギャグも楽しめないのか日本人は。。。といったカンジです・・・。
ファイル 1051-3.jpg10年くらい前に一緒に仕事していたコが銀座に飲食店をオープンさせたと連絡があり顔出しに前月行って来たのですが、銀座のルイヴィトン前にあるTimesのコインパーキングに車を4時間入れたら13000円・・・。月極めですか??と聞きたくなる金額・・・(ちなみに私ですが、自宅とお店の駐車場代で合計月々6万近く支払ってます・・・)
ファイル 1051-4.jpgコチラは今週発見しました、チキンラーメンのひよこちゃんジャパンツアー中のプロモーションカーのプライベート写真・・・。
ファイル 1051-5.jpgコレはさっき見かけました・・・。動いて見えるのは気のせいでしょうか・・・・??

話しは変わりますが・・・。
先日、スクーターカスタム業界を牛耳っているオトコ、T○P M○STの田口さんが色んなお客さん(取り巻き???)を引き連れて御来店されました・・・。
最近同業者さんでウチに来店したのをネタにされているようです。。。。
Bijomaru Kustom paintブログ
http://ameblo.jp/bijyomaru/page-9.html#main
鉄板職人レーシック紋次郎ブログ
http://ameblo.jp/monzirou1228/entry-11317350660.html
ウチよりも情報発信が素早いカンジです・・・。
ウチの最新情報はもしかしたら??この2ブログで見れるかも・・というのは冗談ですが、是非見てみてください・・
またの御来店お待ちしております。。。。

”イトヲヒデヲ”NEWプロジェクトカスタム・クロームフレーム

出来上がる一週間前にお盆前にクロームを仕上げてくださいとだけ伝え、仕上り期日の2日前に夢の中で"イトヲヒデヲ"フレームがクロームに失敗し、フレームがスポンジに変わった夢を見て胃がキリキリして起きたことがありました・・・。仕上りの日までこんな夢を見なければならないのか・・・と少々ナーバスになりながらも・・一日早くクローム屋さんから電話・・・。とりあえずあがったから見に来てくれとの電話・・・。
もしかしたらその口調からしてまた失敗したのでは・・・と思いつつも・・見に行ってみると・・見えないトコの仕上りがちょっと気になるくらいの全体的にはOKなレベルの仕上りでした・・・・。
ファイル 1050-1.jpgとりあえず、今までの流れを見せられてきた自分からしたら、ココまで良くやってきてくれました・・・と思うような仕上りです。
ファイル 1050-2.jpgとりあえずは、StillRollin'クオリティであります・・・。あとは主である"イトヲヒデヲ"氏の確認を待つのみであります・・・。
ファイル 1050-3.jpgそして・・・・"イトヲヒデヲ"!?氏さっそく視察の為御来店デス・・・いつになく険しい表情です・・・・。
そんな険しい表情をしていながらも、イトヲ氏のTシャツはOSSAN THE HOOD。。。。 (90's前半にICE CUBEが主演のギャングムービーBOYZ N THE HOOD)のパロディのTシャツデス・・・ BOYZがOSSANになっているというオチ・・・。 この世代の人にしか理解しにくいマイナーなパロディです・・・。
ファイル 1050-4.jpgとりあえず、笑顔デス・・・。普段口数が少ないのでこういう時の"イトヲヒデヲ"さんは非常に困ります・・・。
ファイル 1050-5.jpgまだ、車体の組込みはすぐには出来ませんが、とりあえずつっかえていた問題はクリア出来ました・・、あとは前に進めていくだけデス・・。 一安心な中、来年新しいバイクを造ろうという話しを持ちかけ妄想に明け暮れる"イトヲヒデヲ"氏・・・。
とりあえず、残された夏休みの宿題は現在あとひとつとなりました。。 めでたしめでたし・・・。
このあとは2人でフレーム完成の打上げへと夜の街を繰り出すのでした・・・・。
 

夏休みの宿題・・・・??

カスタムというのは中には、答えのない答えを探す仕事でもあるので普段あまりタイトにスケジュールを組むことは少ないのですが、毎月なんかしらコレはやるというスケジュールくらいは組んで仕事をしているのですが。。。
学生が夏休み中に宿題をやらなければならないのと同じように、ウチもコレだけは終わらせたいという仕事が大きく3・4個くらいあります・・・・。
今年の夏休みは、、、、、、
・今取掛かっている大掛かりなカスタムバイクの実働と構造変更車検(もう無事終わりました)と、、、、
・久々の海外某誌からのお仕事・・・・コチラはまだ仕込み中でまだ公表出来ません・・・・。
・そして、、、イトヲヒデヲのもう一台のバイクのプロジェクトカスタムバイクのクロームフレーム製作です・・・。
ファイル 1049-1.jpg数ヶ月前にも、フレーム製作のブログ書きましたが、実はクロームは失敗に終わり・・・また他の仕事で放置されてました・・・。 今回で5度目・・・5度目となると完璧思考主義なほうの私ですが、流石にモチベーションが維持するのが大変で気が滅入ります・・・。
ファイル 1049-2.jpgアルミの肌はキレイに処理されてましたが、クロームを失敗した時にクロームを剥がす薬品でアルミの肌が痛みますので、サンディング作業からやり直しです。
ファイル 1049-3.jpg毎回、裏なんて誰も見やしないだろう・・・なんて頭がよぎるときがありますが、やはり作業中目が合ってしまうので、見過ごせない私はつい裏までしっかりやってしまいます・・・。
ファイル 1049-4.jpgパッと見クロームに見えそうですが、コチラは下地のポリッシュです。8工程のサンディング作業に2工程のポリッシング作業でココまでなんとか・・・・、時間は計り知れません・・・・。
ファイル 1049-5.jpgなんとか、下地工程の作業は終わりました、何故クローム失敗したかって?? オレが聞きたいデス・・・というのは表の話であって・・・、アルミフレームのメッキが可能な層を持っている業者さんは日本ではとても少なく、R1などの小さめなフレームであればほとんどが一発OKでやってきましたが、隼クラスになるとメッキ層がギリギリの為、失敗する可能性が高いゾーンになります。
ウチでもてっきり隼が一番大きなフレームだと思ってましたが、実は形状を考えるとこのフレームのほうが隼よりも大きかったりするんです・・・・。 ちょい古めな車輌は車体も大きいですからね。。。。 それが失敗していた理由です、ただメッキ屋さんも人間であり職人・・・やはり失敗は成功の源へ近づけてくれているワケです・・今回で仕上がりますように・・・・というか無事仕上がりました・・・。  メンドクサイ作業に付き合っていただき本当にありがとうございます。。。

4番バッター?? 240隼 構造変更車検

車検ラッシュも後半を過ぎました。。お次は今年の春にカスタムさせて頂きました240隼の車検&構造変更です。
ファイル 1048-1.jpg前回カスタムさせていただいているので、オイルも交換してたり、この先も大掛かりなカスタムをする予定もあるしで整備のほうはある程度ってことで。。
ファイル 1048-2.jpgとりあえず、ド定番化した項目の給排気廻りのクリーニング・・・
ファイル 1048-3.jpgといいつつも結構バラしてますね。。。

ファイル 1048-4.jpgなんだかんだで、初めて来ました多摩陸運局。。。構造変更なので一応管轄での検査デス。。。

ファイル 1048-5.jpgなぜかナンやカンやでコテンパンに仕掛けられましたが、構造変更車検はクリア出来ました。ふぅ。。ってカンジです。。

あともう一台最近やりましたが、またこの先の機会にでもアップしたいと思います。  とりあえず、ラッシュはひと段落デス。。。

"イトヲヒデヲ"仕様(使用)GSX-R750SRAD車検。。。

ファイル 1047-1.jpg車検時のお決まりのスロットルボディクリーニングにK&Nのエアフィルターにイリジウムプラグなどなど、機内面のリフレッシュはもちろんのこと・・・さすがにこの年式くらいになると"イトヲヒデヲ"さんでも走りの違いを体感出来たそうです。。
ファイル 1047-2.jpg中古で購入したとはいえ買ってから6年以上OHをしていないフロントフォークもオーバーホールさせていただきました。
ファイル 1047-3.jpgブレーキパッドの山はまだまだあるのに、ブレーキが利かないと言い続けていた"イトヲヒデヲ"さんですが、要望の通り前後のブレーキパッド交換しました、パッドはあっても経年劣化で全くパッドが喰いつかないということもあるんだなぁ・・・とかなり実感しました・・・。ブレーキ性能はバッチリです。
ファイル 1047-4.jpg前後のスプロケットも交換デス、リアスプロケットはVORTEXのスプロケをクロームしました。
ファイル 1047-5.jpgもちろん車検もすんなりと??クリアです。今年の秋頃にはもう一台のほうをなんとかしなければなりませんね。。。

ページ移動