ABOUT STILLROLLIN

logo

記事一覧

在庫整理の為 ガレージセール ホイール編③ 追加

先日のブログ更新でのガレージセール告知以降、予想以上の反響で御陰様で既に半分以上の御成約頂きました、ありがとうございます。
ガレージセールなので基本在庫品の整理が基本ですが追加をさせていただきます、こちらは長期在庫品からではなく本国の取引先の商品入替えの為、通常よりもかなり安く卸して頂いた商品ですので仕入れさせていただきました。
**基本的に、こんなこと通常では滅多に無い事ですので非常に貴重な機会かと思います。

ウチでは珍しくH-Dスポーツスター用になります。
しかも2種類とも新デザインでかつ最上級グレードのプラチナカットになります。
ファイル 1223-1.jpg Performance Machine パフォーマンスマシン Supra スープラ 価格 239,980円
ファイル 1223-2.jpg Performance Machine パフォーマンスマシン DIXON ディクソン 価格 249,980円

ファイル 1223-3.jpg仕上げ:プラチナカット (ブラックアナダイズドxシルバー部ポリッシュ)
*コントラストカットと異なりポリッシュベースの高級感ある最上級グレードのタイプです。
<参考価格>  
フロント PM プラチナカット 19ⅹ2.15 定価 191,808円
リア PM プラチナカット 18x3.5 定価 191,808円  前後計 383,616円 相当

適合車種:H-D XL883 XL1200 スポーツスターシリーズに適合
・ベアリングサイズは25㎜になりますので、08-年以降に適合します。ABS車輛にはABSベアリングへの変更などが必要な場合がございます。
・05-07年にはベアリングの入替え作業などが必要になります。
・XR 48には適合しません。
・フロントハブはシングルディスクになります。

<商品状態>  
新品・未装着・開封品になります。

<その他>
ご希望ありましたら下記の付属関連部品を販売させていただきます。 
・PM11.8または11.5 ホイール同デザインの フロントローター新品 48,708円⇒43,827円(1枚あたり) フロント13インチも別料金ですがご相談下さい。 
・各種メーカーのタイヤも取扱いありますので、別途料金にて組込み済での発送も可能です。

車輛購入・車輛持込みのカスタムなどもご相談下さい。

**ヤフオクでもオークション形式で販売している商品があります、基本的には店頭販売優先になりますが、入札状況などにより販売出来ない場合もございます。
ヤフオクでの購入の場合は落札者扱いで発送対応のみになります。
通販の場合は上記価格にて即決価格対応と発送対応になります。
店頭購入の場合は車輛カスタムなどの取付サポートにも対応させていただきます。
ご不明な点はショップまでお電話にてお問い合わせください。

期間限定、商談成約先着にて

先述のガレージセール記事とは異なりますが、期間限定にて当店カスタム販売車輛の特典を付けたいと思います。

先日アップしたYZF R1 05' Trac Dynamics/Performance Machine 240カスタム
ファイル 1222-1.jpg詳細は、http://www.stillrollin.com/blog/index.cgi?no=1218
ZX14R Trac Dynamics/Performance Machine 240カスタム
ファイル 1222-2.jpg詳細は、http://www.stillrollin.com/blog/index.cgi?no=1212
GSX1300R 隼 300シングルサイドスウィングアーム フルカスタム
ファイル 1222-3.jpg詳細は、http://www.stillrollin.com/blog/index.cgi?no=1210

4月10日までの期間中、隼に関してはお客様からの委託車輛につき上記条件にての対象が出来ませんが、上記期間中に御成約いただいた方に販売金額は変わりませんが、Ohlins リアサスを込にて納車させていただきます。

**YZF R1 現在商談中になります。

**ヤフオクまたは外部販売サイトにも販売告知掲載されてますが、そちら経由からのお客様は上記条件の対象外となります。
**当ウェブサイト・フェイスブックページからのお客様のみ対象とさせていただきます。

在庫整理の為 ガレージセール SS足回り関連編

先程のH-Dカスタムホイールに続きまして、SS足回り編
ファイル 1221-1.jpgRSDローランドサンズデザイン Diesel クローム 新品
F17x3.5 R17x6.0 GSX1300R 隼 08-以降 GSX-R1000 K5-K8用ご相談下さい。
新品記載ですが展示品です、リアホイールの目立たない箇所に1箇所小さな浮アリ。
RoaringToyz 43Tクロームスプロケット付き
価格 SOLD ありがとうございました。 (新品参考価格 約45万相当)

ファイル 1221-2.jpgファイル 1221-3.jpgTrac Dynamics/Performance Machine 240kit 新品x中古
<スウィングアーム>
*Trac Dynamics 240 スウィングアーム 新品展示品/開封保管品
・クローム仕上げ ・レングス+4インチ ・アッパーループ補強
・パッと見の目立つ傷などは特に見当たりませんが、細かい保管キズなどはあるかと思います。
<Performance Machine ホイール>
*フロントホイール F17x3.5 TORQUE(トルク)クローム
・中古ベースにクロームは新規かけ直してます、クローム加工後は未使用
・ハブは新品になります、(磨き直してます)
*リアホイール R18x8.5 TORQUE(トルク)クローム
・新品リムですが、パッと見の目立つ傷などは特にありませんが展示保管品ですので左リムのフチや他細かい擦れ等はあるかと思います。
・ハブは中古品になりますが、長距離使用はしておりません。
前後タイヤ ダンロップUSA Q2 中古ですが山はかなりあります。
<その他・付属品>
・RoaringToyzローダウンリンク(新品) ・リアブレーキホース(新品) ・RK530チェーン 140リンク(新品)
・オフセットドライブスプロケット(新品) ・VORTEXリアスプロケット(新品) 
**ベース車輛購入などの新規カスタムなどで別途価格設定させていただきます。
部品販売のみ ¥540,000-
車輛持込みカスタム ¥540,000- 取付サービス
当店での車輛購入でのカスタム ¥500,000-
**取付作業関連の場合はノーマルスウィングアーム・前後ホイール廻り下取りが適応条件となります。

ファイル 1221-4.jpgRoaringToyz 300 OSD SSS クローム 長期在庫品
適合:GSX-R1000 01-06 /GSX1300R 隼
スウィングアーム:+8インチ PM/RSD系ハブ対応
価格 GSX1300R 隼 648,000円 
   GSX-R1000 系 699,980円(OSDドライブ込)
**ホイール・ベース車輛購入などの新規カスタムなどで別途価格設定させていただきます。

ファイル 1221-5.jpgRC コンポーネンツ ホイール用 スプロケット
各仕様・状態・価格などは下記リンクからご確認下さい。
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/stillrollin_modellart;_ylt=A7dPFlo6TcVYV0cAd5qhGzx8?p=%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88&auccat=&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&slider=0&anchor=1
**上記スプロケットは販売条件ありませんが、通常カスタムホイール系のスプロケットは、当店でのホイール購入者様のみに販売しております。

**ヤフオクでもオークション形式で販売している商品があります、基本的には店頭販売優先になりますが、入札状況などにより販売出来ない場合もございます。
ヤフオクでの購入の場合は落札者扱いで発送対応のみになります。
通販の場合は上記価格にて即決価格対応と発送対応になります。
店頭購入の場合は車輛カスタムなどの取付サポートにも対応させていただきます。
ご不明な点はショップまでお電話にてお問い合わせください。

在庫整理の為 ガレージセール ホイール編②

続きまして・・連投となります。

ファイル 1220-1.jpgRCコンポーネンツ Drifter クローム 新品
H-D ツーリングモデル 08-17年ABSモデルに適合
**-07はベアリング・カラー変換にて流用可
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
AVON COBRA 130/6-23の新品タイヤが組込みされてます。
リムの裏に小さなクロームのダメージがあります。
ディスクローター・リアホイールなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。
価格 199,980円  (新品参考価格ホイール24万 総額28万相当)

ファイル 1220-2.jpgPM/RSD パフォーマンスマシン/ローランドサンズデザイン Judge 中古
F23x3.5 H-D FL系ソフテイルABSモデル or 08-17年ツーリングモデルに適合
**シングルディスク仕様になりますが、ツーリングモデルのハブもありますのでご希望でしたらハブ変換致します。
13インチディスクローター付き、AVON COBRA 130/6-23の新品タイヤが組込みされてます。
価格 209,980円~ (新品参考価格 総額34万相当)

ファイル 1220-3.jpgPMパフォーマンスマシン Domino クローム 中古
F21x3.5 中古タイヤ付 H-D ツーリングモデル 08-17年に適合
**-07はベアリング・カラー変換にて流用可
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
ディスクローター・リアホイールなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。
価格 SOLD ありがとうございました。 (新品参考価格ホイール20万 総額23万相当)

ファイル 1220-4.jpgRSDローランドサンズデザイン BOSS コントラストカット 新品 F23x3.5
H-D ツーリングモデル 08-17年ABSモデルに適合
**-07はベアリング・カラー変換にて流用可
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
ディスクローター・リアホイールなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。
価格 SOLD ありがとうございました。 (新品参考価格ホイール25万 相当)

**ヤフオクでもオークション形式で販売している商品があります、基本的には店頭販売優先になりますが、入札状況などにより販売出来ない場合もございます。
ヤフオクでの購入の場合は落札者扱いで発送対応のみになります。
通販の場合は上記価格にて即決価格対応と発送対応になります。
店頭購入の場合は車輛カスタムなどの取付サポートにも対応させていただきます。
ご不明な点はショップまでお電話にてお問い合わせください。

在庫整理の為 ガレージセール ホイール編①

ようやく昼間が暖かくなってきて、シーズンも始って来た感が出てきました。
規模は別として前々からやろうと思ってはいましたが、いろんな業務の仕込みやらに時間をとられ少し落ち着いた事もあり、在庫の整理を少ししたいなと。。。 いつものセール関連とは違っていろんな意味でボリュームが違います。
どちらから紹介して良いのかわかりませんが、ではとりあえずH-Dコーナーから。。
ファイル 1219-1.jpg06ー以降対応、FXDL/FXDC系の純正キャストホイールのブラックアウト済カスタムホイールありそうで無い商品。
中古のタマ数も少なく取引価格も高額で取引されてます、もちろん新品だと凄い金額です。
FXDBなどのスポークホイールからのキャスト化に最適かと思います、中古ベースに新規でマットクリアでブラックアウトしてます。
価格 SOLD ありがとうございました。

ファイル 1219-2.jpgRSDローランドサンズデザイン DEL MAR クローム 新品
F21x3.5 R17x6.00
ツーリングモデル08-17年ABSモデルに適合
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
タイヤ・ディスクローターなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。 
価格 329,980円  (新品参考価格 40万相当)

ファイル 1219-3.jpgRSDローランドサンズデザイン DEL MAR コントラストOps 新品
F21x3.5 R17x6.00
ツーリングモデル08-17年ABSモデルに適合
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
タイヤ・ディスクローターなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。 
価格 339,980円  (新品参考価格 40万相当)

ファイル 1219-4.jpgPMパフォーマンスマシン Rival クローム F21x3.5 R18x8.5
ソフテイル/ブレイクアウト・ロッカー系に適合します。
中古ホイールですクロームは剥がれも目立つ擦り傷もなく綺麗です、中古タイヤ組込み済・プーリーカバーなどもオマケで付いてます。
価格 SOLD ありがとうございました。(新品参考価格ホイール45万 総額50万相当)

ファイル 1219-5.jpgRSDローランドサンズデザイン DIESEL コントラストカット F23x3.5 フロント ツーリングモデル08-13年ABSモデルに適合
**-07はベアリング・カラー変換にて流用可
**14以降は適合しますが、11.8の08-13年のディスクローターか社外ディスクローターに変換が必要です。 
メッツラー ME888 MARATHON ULTRA 130/60 23 組込み済
1,100㎞程度使用の中古になります、非常に綺麗です。
タイヤ・ディスクローターなどの付属部品関連のセットアップもご相談下さい。
価格 SOLD ありがとうございました (新品参考価格ホイール24万 総額28万相当)

**ヤフオクでもオークション形式で販売している商品があります、基本的には店頭販売優先になりますが、入札状況などにより販売出来ない場合もございます。
ヤフオクでの購入の場合は落札者扱いで発送対応のみになります。
通販の場合は上記価格にて即決価格対応と発送対応になります。
店頭購入の場合は車輛カスタムなどの取付サポートにも対応させていただきます。
ご不明な点はショップまでお電話にてお問い合わせください。

For SALE YZF R1 240 Custom③

先程は、細部画像でしたが全体の写真と詳細スペックを掲載させていただきます。
ファイル 1218-1.jpgファイル 1218-2.jpgファイル 1218-3.jpgファイル 1218-4.jpgファイル 1218-5.jpg<カスタム内容・詳細>
<足回り関連>
ホイール :Performance Machine(パフォーマンスマシン)製 "HEATHEN"プラチナカット F3.5x17 R8.5x18
スウィングアーム:Trac Dynamics(トラックダイナミクス)製 240サイズスウィングアーム +8インチ延長 アンダールプ補強 マットブラックパウダーコート仕上げ
タイヤ:Dunlop USA フロント SM Q2 120/70 17 リア SM Q2 240/40 18 (交換後走行約2000㎞)
Fブレーキローター:BRAKING
Rブレーキローター:RoaringToyz240変換用ローター
ブレーキキャリパー:前TOKICOクロームキャリパー 後RoaringToyzラジアルマウントキャリパークローム
ブレーキホース:CORE moto フロント・リア       
リアサスペンション:YANASHIKI 無段階アジャスタブルローダウン ロッド+プレート
サイドスタント:RoaringToyzショートスタンド
**USスタイルカスタム・最近ではH-Dでのカスタムスウィングアームでも有名になった老舗ブランドTrac DynamicsのカスタムスウィングアームにPerformance Machine(パフォーマンスマシン)の定番かつクラシカルな組み合わせにブレーキ廻りもしっかりクローム化しております。
オーバーサイズなドラッグスタイルカスタムなディテールですが、タイヤのチョイスにも充分な配慮をしスーパースポーツクルーザーの走りを充分に活かせる内容のセットアップになってます。

<エンジン・吸排気関連>
エグゾースト:LASER Xtreme スリップオン +サイレンサーブラックアウトにカスタム
エアインテーク:K&Nエアクリーナー

<外装関連>
スクリーン:RSD クラリオンスクリーン
シングルシートカウルカバー:Y's Gear シングルシートカウルカバー
デカール:3Dロゴクロームデカール
新規カスタムペイント(キャンディレッド+フレークベース/マットブラック)
**新規にてカスタムペイントしてます、クリアトップコートもミラーフィニッシュ仕上げです。
シート:Lui Motoシート張替・タンデムシートも含む

<電装類>
ヘッドライト :Lo/Stealth HID 6000k 2灯分 
       :Hi/Stealth LED 40w 2灯分(新規)  **Hi/Lo HID・LED共に保障あり
インテーク  :LEDインテーク HALO サブウィンカー
フロントウィンカー:スモークレンズLEDウィンカー
テール周り:スモークレンズ インテグレートLEDテール・**ウィンカー内蔵タイプ
バッテリー:SHORAIリチウムバッテリー
車載機:ETCインストール済
セキュリティー:Y's Gear イモビ連動アラーム
メーター周り:SRP ELメーターパネル シルバー

**車体の雰囲気に合わせたテール・ウィンカーの灯火類はスモークレンズに、ヘッドライトはLoはStealth HIDにHiはStealth LEDをHi/Lo共に夜走りの視界も安心です。

<アクセサリーパーツ等>
レバー:VORTEX V3 アジャスタブルレバー
グリップ:Performance Machine APEX コントラストカット
トップブリッジ廻り:RoaringToyzフロントフォークキャップ・ステムキャップ       ガスキャップ:Light‐tec ビレットキーレス ガスキャップ
ミラー:RSD(ローランドサンズデザイン)ミラーブロックオフプレート
フレームスライダー:RSD(ローランドサンズデザイン)コンバットスライダー
マスターカップ:RSD(ローランドサンズデザイン)前後マスターカップ

クローム加工パーツ:クロームクラッチカバー・スターターカバーなどカバー類クローム
         :Creggs Fドライブカバー クローム加工
         :Graves エンジンカバープレート・クローム加工
         :スウィッチハウジング 左右クローム加工
         :マスターシリンダー・レバーホルダー クローム加工
         :ステップ廻り・レバー周り・ペグ・R1ロゴヒールガード
         :カウル・車体周りボルトクローム加工約100本
ブラックアウト加工パーツ:ステップベース・タンデムステップベース
細部に至るまで、車体の雰囲気にコーディネートされたカスタムパーツが多数装着されております。

<外装傷など>
転倒傷は特にありません、新規にて外装ペイントしてますのでボディ外観は非常に綺麗です。
車体周りも全体的には綺麗ですが中古車ですので通常使用に伴うコキズは若干あります。

<保管パーツ>
ノーマルマフラー・ノーマルミラー・ノーマルガスキャップ・ウィンカー類等*車輛代に含みます(車検改善などに必要な部品類ございます)
ファイル 1218-1.jpgメーカー:ヤマハ
車種名:YZF R1 2005年
排気量:1000㏄
走行距離:14,754㎞ (平成29年3月11日時点)
**試験走行・コンディション維持で少々増える可能性などがございます。
色:カスタムペイント (キャンディレッドフレークxマットブラック)
初年度登録:平成17年8月
車検 有 31年3月9日まで 240スウィングアーム構造変更済 
フレーム番号:JYARN13N55A00XXXX(末尾は伏せさせていただきます)
制作ショップ:当店になります。

<販売価格> 1,729,980円   

<車輛代の他に掛かる費用>
・陸送が必要な場合は、業者価格にてBASでの陸送費用実費
*御来店での車輛引き取りの場合は陸送・納車費用などは掛かりません。
・名義変更手数料 ¥10,800~ (エリアにより異なります)
・メンテナンスはある程度されている車輛ですが、希望整備箇所がある方は別途になります。
*ご不明な点などはお問い合わせください。
中古車輌ですので、前オーナーさん方々の使用状況などで細かいことはそれぞれ状況は異なりますので、細かい見落とした点などがあった場合・現状優先とさせていただきます、現車確認はアポイント頂ければ応対させていただきます。
・名義変更終了後の車輌の引渡しとなります。
・ローン可能ですので必要でしたらご相談ください。

長々と上記記載事項内容になりましたが、現状優先になります。
その他、追加カスタム・メンテナンスなど承りますのでショップまでご相談下さい。
中古車輌ですので、これまでのオーナーさん方々の使用状況などで細かいことはそれぞれ状況は異なりますので、細かい見落とした点などがあった場合・現状優先とさせていただきます、現車確認はアポイント頂ければ応対させていただきます。

For SALE YZF R1 240 Custom ②

先程に引き続き細部紹介を。。。
ファイル 1217-5.jpgフロントウィンカーは、サイドカウルの埋込み式LEDウィンカーが装着されてますが、横面からの視認性はありますが正面からの視認性には少々欠けますので、当店独自カスタムのインテーク部にも正面の視認性をあげる為にサブウィンカーを入れてます。
もちろんLEDのハイフラ対策はしております。
ファイル 1217-1.jpgハンドル廻りは、パフォーマンスマシンのAPEXグリップにVORTEX V3アジャスタブルレバー マスター・レバーホルダー・スウィッチ類はクローム加工がされてます。
ブレーキラインはCORE motoのカラーブレーキラインがインストールされてます。
ファイル 1217-2.jpgステップベースはブラックアウトされ、細部はクローム仕上げ、タンデムのステップも同様の仕様になってます。
ファイル 1217-3.jpgシートは、Lui-Moto製のオーダーシートステッチはレッド・シート地はカーボン調になってます、もちろんタンデムシートも同じ仕様になってます。
シングルシートカウルは、安価な社外品でなくY's Gear製の4万近くする高級品になります、もちろんペイント済+先端のクッションもLui-moto製のシートに張替てあります。
ファイル 1217-4.jpgホイールは前後共にPerformance Machine(パフォーマンスマシン)のHeathenで非常に人気の高いデザインです。
コントラストカットではなく、プラチナカットですのでシルバーの部分はアルミ地でなく、アルミポリッシュ仕上げになってます。
ホイールの回転したときのキランっとした風合いがカッコいいです。
フロントディスクローターはBraking製 TOKICOのラジアルキャリパーをクローム加工してます、ブレーキラインはCOREmoto製カラーオーダーブレーキラインです。
リアはVORTEXのCAT5スプロケットにRKのカスタムチェーン
スウィングアームはTrac Dynamics の240サイズ +8インチ延長にアンダーループ補強タイプです。
タイヤはフロントはダンロップUSA SM Q3にリアは同様系でQ2が装着されてます、他の240サイズタイヤとは異なり、通常だとハーレーなどに使用されるタイヤが多くSSにとってはグリップがいまひとつ足りない感じですが、こちらは素晴らしいグリップ力があるカスタムホイール用のタイヤになります。

For SALE YZF R1 240 Custom ①

販売車輛1台増えました。
以前当店で制作させていただいたお客様からの買取車輛を基に当店でカスタム調整させていただきましたYZF R1になります。
早速、各部詳細の画像から紹介させていただきます。
ファイル 1216-1.jpgキャンディレッド(フレークベース)xマットブラックのパッと見純正のように見えて実物はカスタムペイント感が非常にある新規カスタムペイントになってます。
フレーク(ラメ)下地ベースですが、下品な仕上がりでなく深見のあるキャンディコートでギラツキを抑えて深味のある色合いに仕上がってます、光のあたり加減でキラキラと弾けるフレークが良い感じです。
クリアコートはミラーフィニッシュで仕上げてますので高級感あります。

ファイル 1216-2.jpgヘッドライトはLoはStealth HID、Hiは新作Steralth LEDが新規でインストールされてます、もちろん製品保証も付きます。
スクリーンは、非常にレアなRSD(ローランドサンズデザイン)のクラリオンスクリーンです。

ファイル 1216-3.jpgサイドカウルはマットブラック仕上げに3DロゴのR1デカール、フロントウィンカーはLED埋め込みタイプ(スモーク) エンジンカバー類も通常ではクローム加工が困難な材質ですが、特殊技法にてクローム加工されていたり、社外カバー類をベースにクローム加工がされてます。
フレームスライダーはRSD(ローランドサンズデザイン)コンバットスライダーこちらも既に入手困難な非常にレアなパーツになります。

ファイル 1216-4.jpgテールランプはウィンカービルドインタイプのインテグレートテール(スモーク)になります。
バイクのキャラクターを引き立てる特徴的な4本出しのエグゾーストはLASER Xtremeこちらも入手困難なパーツになります。

ファイル 1216-5.jpgメーター周りはSRPのELメーターパネル、こちらも今では非常にレアなパーツになります。
フォークキャップ・ステムキャップはRoaringToyz・リザーバーキャップはRSD(ローランドサンズデザイン)になります。もちろんこちらも入手困難なレアパーツになります。

つづく。。

Coming soon .... Stealth LED conversion kit 予定価格 HID比較など

ファイル 1215-1.jpgまずはStealth LED conversion kit の予定価格表とバルブ型ラインナップを参考までに記載させていただきます。
ファイル 1215-2.jpg
<バルブ型式ラインナップ>
H1 H3 H4(HS1を含む) H7 H9/11 HB3/HB4(9005/9006)
の他自動車規格 HB1/HB5(9004/9005) HIR2(9012) D2 H13
**H9とH11は双互換性になりますので同一表記商品の予定です。
**HB3/HB4は双互換性になりますので同一表記商品の予定です。
**小型車輛向けバルブ型式HS1での使用をご希望の方はH4を流用していただくかたちになります。
ファイル 1215-3.jpg
<製品仕様>
作動電圧範囲 12V-24V   (9V-32V DC)
消費電力   30W/40W   (希望商品・仕様による)
防水規格 IP68  (粉塵・防水基準高規格になります)  
使用寿命目安 30,000時間 (目安)
**寿命目安ですが、個体差・使用状況などにも因って変動されますので、保障基準ではありませんのでご了承ください。
バルブ光束  3600lm/30w  4800lm/40w (1灯あたり基準目安)
**HIDの場合K(ケルビン表記)ですが、LEDの場合lm(ルーメン表記)になります。
・ケルビンは色温度(黄・白・青)を目途に数値表記されます。
・ルーメンは製品単体の発光の明るさを目途に数値表記されます。
・カンデラは光度を表記しバルブ本体をリフレクターを介して創出した光力の数値になります、車検基準の検査数値はカンデラを基準に計測します。
ケルビン・ルーメンは製品本体の目安数値であり、数値は車検計測数値とは別となります、各車種のリフレクター形状・ヘッドライト構造などに因り同じ製品でも他車種と同じ光度を出せるということはありませんのでご注意下さい。

放熱方式  フレキシブル放熱ベルト式
配光方式  左右配光方式(一部上下配光タイプあります)
配線付属  LEDドライバー付属(16x53x29㎜) カプラ形状スナップオン式(H1/H3は+-配線)

<付属品>
LEDヘッドライトバルブ・取説/保証書・3M製LEDドライバー固定テープ・結束バンド・グロメット2種類 等

<製品保証に関して>
・保証期間最大2年 無償交換保証期間1年・任意有償保障期間有
・保障基準は製品保証書を基に変更が生じた際はウェブサイトにより後に告知を予定しております。

ファイル 1215-1.jpg
<予定価格>
1灯 H4 (30w)   15,500円(16,740円)  
  他型式モデル(30W) 13,500円(14,580円) 
  他型式モデル(40W) 15,500円(16,740円)
2灯 H4 (30w)    28,000円(30,240円)  
  他型式モデル(30W) 24,000円(25,920円) 
  他型式モデル(40W) 28,000円(30,240円)
**バイクの場合Hi/Loでバルブ型式が変わる車輛もございますので、2灯セットの場合バルブ型式違いでの組合せオーダーが可能です。(H4との組合せは若干価格が上がります)
**H4は30wのみとなります。
**H1はスペーサーアダプターを商品代に含んでおりますが、H7スペーサーアダプターが別料金になる可能性がございます。
**今後、社会情勢や仕様変更などにより原価変動などが生じた場合はやむを得ず価格を変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。

まずは上記の価格・ラインナップを目安に進めて行く予定です、万が一価格変更をせざるを得ない状況になった場合は追ってお知らせさせていただきます。

**上記は現段階での告知となります、更なる詳細・決定事項などは製品取説に記載及び更新事項等は販売時・以降ウェブサイトにて告知致します。

ファイル 1215-4.jpg写真は、隼にStealth LED conversion kit(30w) とStealth HID conversion kit(6000k/35w)の点灯時の外観を撮影したモノです。
ハロゲンは優秀でない?? HIDはLEDより優れている?? など世間一般論と弊社のインプレッションを交えて簡易的な長所・短所を纏めてみました。
結果から申しますと、全てにおいてダントツに優れているというのは決められません。
ユーザーさんは、それぞれの目的・希望・車種に合ったヘッドライト選びの参考になれたらと思います。

*ハロゲンは純正基準を基に記載してます。
*HIDは6000kを基準に弊社製品を基準に一部世間一般論を交えて記載させていただきます。
*LEDは弊社製品を基準に一部世間一般論を交えて記載させて戴きます。

<HID/LED/ハロゲンの製品上の特性・優劣比較>
         ハロゲン /  HID  / LED   
<商品点灯寿命>   普通 < 長寿命 < 更に長寿命
<消費電力>     普通 < 低い ≒ 低い
<収納作業性>    ◎  > △  <  〇
<価格>       ◎  >  〇  ≒  〇
<色温度>      黄白 < 青白 > 純白
<パッシング>    〇  >  △ <  ◎
<点灯立上り>   ゆるやか> 遅め < 瞬時
<放熱>       高温 ≒ 高温 > 比較的低温
<リフレクター劣化> 普通 > 早め <  遅め
<光度・光軸感知性>  ◎  >  〇 >  △
<光度創出性>    〇  <  ◎ ≒  ◎

**下記に説明を付けてますので、あわせてみてみてください。

         ハロゲン /  HID  / LED   
<商品点灯寿命>   普通 < 長寿命 <更に長寿命
**製品の使用状況・装着車輛・イレギュラー品を除きます。

<消費電力>     普通 < 低い ≒  低い
**HID/LEDは製品表記のW(ワット)数値にも因りますが、一般的にはハロゲンに比べ低いとされてます。

<収納作業性>    ◎  > △  <  〇
**ハロゲンはバルブのみ交換・HIDはバラスト等の設置・LEDはドライバー設置・放熱ベルト拡張が伴います。
ハロゲンからの変更の場合、自動車であれば収納スペースに余裕があるケースが多いので選択肢に自由がありますが、バイクの場合収納スペースに限界がある車輛・電力供給環境の性能が低い車輛に関してはHIDが装着が困難でLEDのみしか選択肢が無い車輛も出てきます。
<価格>       ◎  >  〇  ≒  〇
**ハロゲンを除きますが、弊社製品はHID/LEDは同価格帯です、ノーブランド品・模造品などは安く買えるケースもありますが、HIDは収納性・LEDは製品の性能自体が劣っているモノが非常に多いです、また無知識で販売している業者もおりますので、保障面・供給部品の確保なども兼ねて価格優先だけでなく、じっくり選ばれた方が良いかと思います。
<色温度>      黄白 < 青白 > 純白
**完全にユーザーさんそれぞれの好みになるかと思います。
車輛装着時の雰囲気や用途・性能などに合わせて使用されたほうが良いかと思います。
個人的には、近代的なデザインの車輛であればHID、自然に明るくしたいなどの場合はLEDかなと思います。
<パッシング>    〇  >  △ <  ◎
<点灯立上り>   ゆるやか> 遅め <  瞬時
**上記2項目の表記通りになります、HIDは点灯開始時にバラストを介して12Vを30000Vに変換したりなど高出力を出す為に車体の電力環境はもちろん、バルブが温まればさほど問題ないかと思いますが、温まる状態までは立上りに時間が掛かるケースがあります。
そもそもパッシング自体は普段使う機会がありませんし、製品上Ⅲ種とも劣化につながる可能性がありますのでパッシング行為自体を控えた方が良いかと思います。
ハロゲン・LEDは不点灯になったら期限終了ですが、HIDは構造が複雑ですので車輛の電力環境・使用状況で製品が壊れてなくても安全装置が働き不点灯になるケースもあります、またバルブ・バラストなど複数のパーツで構成されてますのでHIDに関しての知識があったほうが良いかと思います。

<放熱>       高温 ≒ 高温 > 比較的低温
**どちらにしても高温ですので使用後など素手で触れない様にしてください、LEDの場合ヘッドライト熱で雪などを溶かすことが難しいと言われてます。

<リフレクター劣化> 普通 > 早め <  遅め
**リフレクターは、通常光の強さと熱で劣化していきます。リフレクターが白く焼けてしまえばせっかく明るいヘッドライトにしても製品の性能を活かせなくなる場合があります、車検基準にクリア出来なくなる場合もあります。 理解されづらいでしょうがリフレクターは消耗部品に近い感覚になります。

<光度・光軸感知性>  ◎  >  〇 >  △
**車検検査・テスター機上での話が基準になりますが、ほとんどの車輛のヘッドライトはハロゲンとの相性を基準に設計されてますからハロゲン(純正)が1番です、暖色のほうが光度・光軸焦点の検知はしやすいです。
純正HID/LEDなら専用設計なので別の話になりますが、HIDの場合は光が強過ぎて光が散ってしまう場合もあります、HID・ハロゲンは、バルブが透明ガラスの筒状で1個の光源で360度発光ですが、LEDの場合は基盤状の上に仕様に因りますが、2個目安の複数のLEDチップが設置され360度発光をしようとしますが、左右配光の場合は上下が死角になり光の強弱にムラが発生したり・発光源が複数になりますので焦点が複数発生する場合があります。(目安として2個1個になる場合もあります。)
また自動車の場合、HID/LEDはロービームのカットラインがハッキリしない場合もあります。(LEDのほうがハッキリしにくい印象です)
またプロジェクターヘッドライトの場合、内部の集光方式・製品の相性上LEDの場合充分な性能を発揮出来ない場合もあります。
プロジェクターライトの場合はLEDよりもHIDのほうがオススメです。

<光度創出性>    〇  <  ◎ ≒  ◎
**ハロゲンは暖色なので暗いと思われガチですが、色温度上の錯覚でそう感じるだけで実は光度は優れていたりします。
全体市場を含め、ノーブランド等のHID・LEDよりも光度はしっかり創出されているケースが非常に多いです。
検査基準の”明るい”という認識は、わかりやすく説明すると色の温度(明るさ)でなく、奥まで光が濃く照らしてくれるかを基準に検査をしています。
同じ商品でもヘッドライトの形状や製品の相性で光度はかなり変わってきますので、ココの社外ヘッドライトバルブ明るかった/暗かったでなく、意外と車種のヘッドライトで変わってきます。
中には約2倍またはそれ以上光度が変わってくる車輛もあります。
体験談になりますが、同じ車種でも純正ヘッドライトと補修用社外ヘッドライトでも創出光度は変わってきます。
同形状の社外ヘッドライトで検査基準落ちし純正ヘッドライトで検査合格ということは珍しくはありません。
組合せは無限大に近いので非常に奥深い世界な気がします。

ファイル 1215-5.jpg
<メーカー純正品・他社製品・ノーブランド製品・弊社製品比較>
LEDの製品比較に関して主観のインプレッション交えて書かせていただきます。
LEDヘッドライトと一言で言っても千差万別です、いろんな配光・チップ・放熱構造などのヘッドライトがあります。

<純正標準装備されているLEDヘッドライト>
明るい・暗いはそれぞれの様ですが車検は通らなければ車輛自体メーカーは販売出来ませんので、完全専用設計でアッセンブリー構造で生産されてますので車検に関してはリコールなどない限りは大丈夫です、明るい・暗いは車種と判断する方に因るかと思います。

<社外のバルブ交換式(変換式)LEDヘッドライト>
純正アッセンブリーの様にヘッドライト本体を交換するのでなくあくまでバルブ本体のみの交換となります、元のヘッドライトはハロゲンまたはHIDが装着されているでしょうからそれをカスタムというカタチでLEDに変換することになります。 製品によっては吉と出る場合もありますが、凶と出る可能性も珍しくはありません。
そこの違いがHIDの場合著しい差がLEDより出にくいですが、社外の交換式LEDヘッドライトの優劣があからさまに出ます。

<ノーブランドLED製品の落とし穴>
LEDヘッドライトを安く買う事は難しくありませんが、ちゃんとした満足の行くLEDヘッドライトを安く買う事は非常に難しいような気がします。
ワット数表記・ルーメン表記は明暗の参考には少しなりますが、LEDチップや配光構造などでも製品の性能数値を活かせない商品も多くあります、実際 30w(15wx2)のLEDよりも20w(10wx2)のほうが光度数値が高いなんてことも多々ありました。
しかも同じ工場(メーカー)で製造された製品ですらそういった現象になります、何故そうなってしまうのかは恐らくLEDチップ構造とチップの設置場所の様な気がします。
車検基準規格は日本独自の規格です、世界基準ではありません。
恐らく日本の基準が一番厳しいような気がします。
海外の製造メーカーは日本の小さな市場の基準で製造するのでなく日本の基準を無視し(もしくは知らず)に世界各国を相手に流通させている製造メーカーも多くあります。
もちろん、良し悪しをわかっていて開発・製造をしているメーカーもありますし・全く知らずカタチだけを真似て模造品を造っているメーカーもあります。後者は開発・テストなどをしないでしょうからコストが掛かりません、ただ本来の用途を知らずにカタチだけをまねているケースも多々ありますので、そういったメーカーの製品は結果に出てしまう場合が多いです。
モノが似てても結果が違うなんてことは普通にあるでしょう、ライトに限らずの話だと思いますが・・。
少し話が逸れましたが、そんなノーブランド品のLEDヘッドライト中には光度数値が出ている製品も少しだけあります、ただほとんどの製品は基準数値以下や、測定不能なんて製品もあります。
光度がクリア出来ても、光軸焦点の誤差が有り過ぎては光軸検査上測定不能になる場合もあります、発光位置が悪くてリフレクターを介した時に無理矢理光軸を調整しようとしても光軸が合わせられませんなんてヘッドライトも多々あります。
言い方悪いですが、車検基準の話を除いてもヘッドライトとして使い物にならない製品というモノが非常に多く存在します。
恐らく弊社で20種類近くは良し悪し比較しました、装着されたLEDチップと配光位置などの画像やモノだけで検査しなくても判るくらいこれは悪い・これは良い・これは良さそうなど100%ではないでしょうが判る気がします。
また話が長くなりましたね。。ホント奥深いです。。
もし光度・光軸焦点などが基準値を超えるモノが見つかったとします、でも製品本体が大きいまたは外部付属品がHIDの様に複雑・大きかったりなどで、クルマならともかくバイクの場合は車体に取付られないなどといった場合、装着出来ません(使えません)になります。 車検基準云々もそうですが装着出来ないは始まらないですからね。。 そんな製品も普通に多く在る様な気がします。
もし両方備えていた製品があれば、明るいほうが良いですし、価格面も手頃なほうが良いですし、保障面があるほうが良いです。
偏っているよりかは個人的にはそれぞれのバランスが取れているほうが良いです、そんな製品あるんでしょうかね。。在ったら試してみたいです。 
HIDのときは、LEDほどそういった優劣の差がありませんでしたので、作業性・収納性重視で商品を企画しました、実際車検基準も稀な車輛を除きほとんどクリア出来ましたLEDは本当に差があからさまに出ます。
ただStealth LEDは一応その優劣のバランスを考えて企画してみました。  
これまた長々と書きました・・
簡単に言えばLEDは"新しい選択肢"が一つが増えたです。
ハロゲンが劣っている・HIDは劣っている・LEDは劣っているもしくは逆に優れていると言いきれた製品でなく、それぞれの特徴があるとうこと、それに適した商品選び、をしてもらえたらなと思います。 
そしてLEDヘッドライトは一般市場を含めて一言でLEDは良い・悪いで片付けられるモノではないという現状を少しでもわかってもらえたらなと思います、あと社外変換式LEDとメーカー標準装備のLEDヘッドライトは造られている意図が違うことも。。
ハロゲンもHIDも出始めの頃は色々とあったでしょうから。。LEDもまだ成長期なんだなと。。 

3月頃までには環境を整えて正式販売出来るように頑張ります。
2月中旬頃には先行販売出来たら良いなと思っておりますが・・。

Coming soon .... Stealth LED conversion kit  製品詳細

前回のブログに引き続きまして、Stealth LED conversion kit のお話をさせていただきます。

ファイル 1214-1.jpgファイル 1214-2.jpg去年末にオーダーしておりました、製品のパッケージが先日量産版で到着しました。
Stealth HID conversion kitのデザインをそのまま使うのも味気ないのでHIDのデザインベースにLEDっぽくカラーリングなどを変更してみました。
ファイル 1214-3.jpgこちらが製品の中になります、LED製品の本体はもちろんですが、取付マニュアルは前回同様に製本化してます、ドライバーマウントのテープや防水グロメット・結束バンドなど基本構成の付属品も充実してます。
一部の型式バルブだけまだ付属部品が終わってませんので、まだ少しだけ残っておりますが・・取り急ぎ頑張ります・・。
ファイル 1214-4.jpg詳細を細かくまでは説明出来ませんが、こちらH4バルブになります、他製品で多くあるHiビーム時に焦点が複数発生し過ぎてテスター機がどこを検査して良いかわからない状態になる現象を極力抑えてます、その現象を抑えることで各出力も有効的に発揮出来ますので、光度アップにも繋がります。
その構造がある無いで焦点狂いでテスター機(車検検査用)で光軸が確認出来なかったり、Hiビーム時の光度不足にも繋がったりする場合があったりします。
そこが出来ていない製品が多く検査に基準に達する要素がないLEDヘッドライトが多いような気がします。
あくまでこれまで他製品もテストをし何が適正なのかを自分の見解になりますが。
バイクの場合、H4は旧車やハーレーなど車輛の電力供給構造上の面やバラストなどの収納面でHIDとの相性がよろしくない車輛も多くありましたが、LEDの場合そのあたりの問題は収納面や点灯立ち上がりはLEDのほうが優れてますので、オススメな様な気がします。
ファイル 1214-5.jpg前回も少し紹介しましたが、H7/H9/HB3などシングルビーム(H4の様な1灯でのHi/Lo切替動作の無いバルブ)に関しては、通常ラインナップの30Wと他にハイワット対応の40Wバージョンも展開する予定です。
重要な事をお伝えし忘れましたが、LEDヘッドライトでは必ず必要になってくる放熱方式やLEDドライバーですが、放熱方式の場合一般的なのは放熱ファンや空冷フィンなどが採用されます。
放熱ファンはさほど気になりませんが、ファンの音・バルブ後部にファンが付くのでバルブエンドが大きくなり収納が出来ない車輛なども出てきます、ファンはハーネスからの電気で回るのでファンが壊れてしまった場合、熱トラブルでLEDに問題がなかったとしてもファンの故障でLEDが壊れてしまったりするリスクが出てきます。
空冷フィンタイプは、電気を通さないで自然に放熱する構造なので電気上での放熱トラブルは減るかと思いますが、バルブ後部の放熱フィンのスペースもそれなりに場所を取りますので、電動ファンタイプ同様に収納できる出来ないが車輛に因って出てくる可能性があります、また空冷フィンはハイワットにすればするほど熱量が出ますのでその分フィンも大きくしなければならないので収納性と出力の両立バランスがうまく出来ない製品が多いような気がします、LEDは低ワットがウリな部分もありますが、基準値に達しない・明るくない結果になれば社外品に交換するメリットはあまりありません。
Stealth LED は、LEDなので放熱方式はもちろんありますが、放熱ファン・空冷フィンを使用しませんので、バルブエンドはハロゲンでいうハロゲンのエンドと車体カプラを組み合わせたくらいのサイズを目安サイズですので、収納面では他に比べ優れているかと思います、ただハロゲンの収納にはもちろん敵いません・・。
LEDヘッドライトバルブ後部にフレキシブルタイプの放熱ベルトを採用してます、フレキシブルなのでそれなりの曲げなどが効きますのでヘッドライト周辺の邪魔になりにくい適正な場所に放熱ベルトを広げてもらえれば収納性の自由がかなり効いてきます。
また放熱効率も良いので(ある程度伏せさせていただきますが)光度アップ出来るよな環境にもなります。
この構造と組合せが今のところ私が色々とやってきた中でベストな気がしますね。。 
まだ改善出来る可能性があれば、Stealth LED conversion kit ver.2など企画する日がいつかくるのでしょうか・・。

HIDは製品の構造上、製品としての完成度が基本的には高いと思うので点灯に関しての環境改善などが課題になるくらいですが、
LEDの場合はまだまだ完成度がHIDやハロゲンに比べて経過段階かなと思います、各工場・メーカーさんは試行錯誤だと思います。
LEDのイイところ悪いところ、向き不向き・構造仕様などのバランスなど色々と繰り返しかなり勉強になりました。
天下の小糸さんですら変換式のLEDヘッドライトには苦戦してますから・・・ 何もかもすべてに置いて完璧ですと言われるようなLEDヘッドライトが出来る頃には次世代型のヘッドライトになっているような気がします・・。

ただなんとなく流行っているから注目されている時期だからとLEDヘッドライト企画しを売ることはそれほど難しくはありません。
HIDもそうですが、バイクなら特に当て嵌まりますが実際買ったけど収納スペースが無く取付出来なかったとか、作業が膨大な時間が掛かった・加工をした、収納位置に満足しないなど経験した方々も多いかと思います。
出来る限りソコの面を無くしたいと思い5年前にStealth HID conversion kitを企画しました、Stealthは収納性に優れているという面でネーミングしてます、名前の響きがカッコよかったからが始まりではありません。
Stealth LED もStealthの名を名乗るからには収納面で他製品より優れてないとダメだと思いました、HIDは光度・光軸面で完成度が高いので収納面重視で企画しましたが、LEDの場合はHIDのようにはいかず光度・光軸面での問題がかなりあります。
そことの両立にはかなり苦戦しました、何かを得るには何かが犠牲になるはこの手の製品ではかなり課題になりますので、どうやって間を取りバランスを取っていくのかなど、ホント難しいです・・。
漠然とした企画開始からここまで2年ちょっと。。もうLEDなんてちゃんとした製品なんて無理だろうなんて思ってた時期もありましたが、決して全てが完全とは言い切れないでしょうが今の市場をみてこれなら他製品よりも様々なバランス面も兼ねて優れてると思える製品だと思いましたので、もしご興味がありましたら発売後お試し下さい。

出来るだけ手短にと思いましたが、結局長文になりましたね。。
全部読んで頂いた方々ありがとうございました。

Coming soon .... Stealth LED conversion kit

2年程前にStealth LED conversion kitの企画を開始し今後販売する予定とブログで書いたことがあります・・。
ファイル 1213-1.jpg
今だから書けますが、当時テストした時は収納性はそこそこ良かったのですが、車検基準を満たす光度と光軸の調整が出来ない車輛が多かったです、実際車検基準の光度が出ても光軸がちゃんと調整し切れないなどがあり、工場に対策の話を持ち掛けても理解してもらえずでした。
今はわかりませんが、実際他社が販売しているLEDキットやネット通販のノーブランドLEDなどもほとんどそうだったかと思います。
他社さんの製品も実際お客さんとして購入しテストしてみましたが、光軸が出ても光度はメーカー公表値とは程遠い暗い結果だったり、または光度が基準値を超えることが出来ても光軸が合せづらかったりと言った感じで、完璧なモノって無かったと思います。
酷い商品ともなると、光軸の焦点が見つからない、光度ももちろん計測不能なんてLEDもかなりありました。。よく売られているLED製品はまさにそんな感じです。
販売側から仕掛ける情報からLEDってHIDよりも最先端で優れているように謳ってますが、実は光っているだけのヘッドライトバルブとしては成立しないライトとして商品価値は無いモノばかりだったと思います。
"車検適合"と気安く無責任に記載してながら・・・。言葉悪いですが製品のほとんどが詐欺市場みたいなモノです。
そんな現状を片目を瞑って当時LEDヘッドライトを弊社がその中で売っていれば実際売上にはなったかと思います、ただいつか信用は失います。
これまでStealth HIDで商社さん方々の流通協力もありこれまでの販売数と保証信用を得て来たStealthブランドですので、そのようなことは出来ませんでした。
なのでLEDの企画販売は停滞し車検適合基準と実用性がLEDよりも確実なHIDを販売し続けました。
その意地もあったのか、昨年はLEDがダメだと自覚しHIDに戻って来てくれる賢いユーザーさんからの支持もあり、弊社の考えは間違ってなかったと少し実感出来ました。
今現在の弊社の結果論ですが、LEDとHIDの優劣がそれぞれあるので車輛状況・仕様に合った使い方をしていただこうと思いで今後Stealth HIDはもちろんのことLEDの販売もしていきたいと思います。
検査機のレギュレーションも少し変わった御陰もあったのか、弊社での光軸・光度は一部のヘッドライト形状の車輛を除き全て車検基準をクリア出来ましたので、LED市場の中では胸を張って販売出来ると思い今日に至ります。
長々と前振りが続きましたが、ただ全てをさらけ出して書くつもりもありませんので、さっと画像を絡めて紹介させていただきたいと思います。
ファイル 1213-2.jpgLEDヘッドライトですがよく勘違いされやすいのが、ハロゲン(暖色)からLED(白色)にヘッドライトの色温度(ケルビン)が変わり明るいと錯覚してしまうユーザーさんは恐らく半数は居るかと思います、確かに色温度は確実に明るいでしょうがリフレクターを介した路上での視界は果たしてどうでしょうか・・そこがヘッドライトとしての明るい暗いの問題であって・・・。
検査基準(cd)は簡単に言うとヘッドライトを介して創出した光の焦点の光の奥行の濃さで検出します。
しっかり路面の先を遠くまで照らしてくれるか否かといえばイイのでしょうか・・
ハロゲンは決して劣等商品ではありません、こんな商売をしていながら光度検出・光軸創出に関しては優秀な製品だと思います。
実際色温度(ケルビン)が低くても光度は間違いなく出ます。
メーカーが未だハロゲンを採用しているのはハロゲンの特徴を充分に理解しているからだと思います。
ハロゲンは(暖色) LEDは(純白) HIDは(青寄り白)**6000k基準
と例えれば良いのでしょうか。。 
今まで弊社Stealth HID conversion kitを装着していた車輌に 弊社Stealth LED conversion kitを装着し実際夜間路上に出てみると、視界が綺麗に白く深みのある濃い視界になったと思います。
HIDの光にずっと慣れていたせいかとても新鮮で車もバイクも全部LEDに切り替えました。かといってHIDとLEDの優劣はまた別の話で好みの問題もあったり、ヘッドライトの相性にも因るので言い切れたモノではありません。
ファイル 1213-3.jpgそして収納性ですが・・ネット画像で商品を購入しバルブ外部のLEDドライバーに気が付かず収納作業が大変だった、バルブ後部にある電動ファンや冷却フィンが大きくて車輛に取付けられなかった、または取付が大変だったなども体感した方もいっぱい居るかと思います。
Stealthの名に恥じない収納性を持ってます、元々Stealth(ステルス)の由来は(ヘッドライトとして)見えないという意味でなく、Stealthとは忍ばせるという意味合いです、周辺部品を(可能な限り)目立たないように収納し忍ばせるといった意味合いで収納性のうたい文句としてネーミングしてます。
一番収納作業が困難そうなハーレーの純正5 3/4のヘッドライトもケース内にすっぽり入ります。
HIDのときは延長ケーブル使って一部加工をし。。なんてスポ・ダイナのHIDキットを販売しましたが、H-D自体の電力供給環境もあまり良くなく、ましてはアイドリング下げた車輛なども多いのでHIDとの相性はあまり良くなく製品不良は無い物の相性不良はあった気がします。 この面に関してはHIDよりLEDのほうが断然優秀な気がします。
ファイル 1213-4.jpg実際の光度検査ですが。。車検適合基準を謳うのはここが肝心です。。
計測結果はH4のHi/Lo切替式になります。同車種の左右ヘッドライトですが、左34,700cd 右41,000cdでした。
ちなみに、車検適合基準の光度は、Loが6400cd Hiが15000cdが目安です。
基準値は優に越えてますが、左右の違いはリフレクター形状です、同じ製品・同じ型式でも光度は変わります、車種が変われば尚更変わってきます、なのであくまで参考例として数値を受け取ってください。
正直に申しますと、同じH4でも弊社テストでの最低の光度は18000cdで、最高値は44,000cdでした。同じ商品で違う車輛でココまで変わります。
ただ平均すると25000-30000cdあたりの車輛が多い気がします。
ちなみにH-Dのヘッドライトで5 3/4へッドライト・7"ヘッドライトでHi/Lo共に26,000cd以上で7"ヘッドライトのLoは33,000cdでした。H-Dのヘッドライトでココまで明るくなるなら申し分ないですね。。と我ながら思います。
ちなみにLoビームはまだ基準が変わりますが、H7のシングルビームなのでH4とはLEDチップも構造も若干変わりますが、30W仕様で最低が13000cd(隼) 最高値が20000cd(T-Max)でした。
Loビーム検査基準(自動車)の2倍~3倍なので充分な気がします。
**検査車輛は数台テストしてますが、上記よりも光度数値が下もあれば上の車輛も出てくるかと思いますので参考程度でお願いします。
ファイル 1213-5.jpg先程のH7(シングルビーム)の話を話をしましたが、通常は30w仕様で販売しますが、更にカスタムLEDチップ採用した40w仕様もH4を除くシングルビームなどをメインにラインナップも予定してます。
さっそく同車種・同型バルブにw数の仕様だけが違うテストをしてみましたが、H7 30wで20000cd H7 40wで26,800cdでした。
30wから40wの比較で約35%の光度アップを確認しました。
30wと40wの違いも約35%仕事率が変わったからなんでしょうか・・・そこは定かではないのですが、わかりやすいです。。
ちなみに計測車輛はT-MAXのLoビームですから、車輛やリフレクター形状にもよりますが、Hiビームならもっと光度は出るような予感がします。
**文面で数値を記載してますが、当店フェイスブックページで過去のテスト車輛の計測表の数値結果を写真で掲載しております、信用できない方は是非合わせて参照ください。
全てを書切ると色々と問題になるのでこの辺りで小言は失礼させていただきます。

今現在、製品本体ベースは出来上がってますので付属品関連の企画などに回ってます、全部揃うのは1月末か2月上旬を予定してます。

<流通業者・ショップ様各位>
今現在弊社では流通卸業者様の取扱い及び特約店ショップ様を募集しております、カーショップ・バイクショップは問いません。
**流通卸業者様は既に数件確定しておりますので独占(エクスクルーシブ)ではありませんが、掛率条件は弊社基準に合わせ平等に行っております。
また、カスタムショップ様など弊社製品に関心を持ち業務とし顧客サービスへの推進を希望したいという業者様への好条件でのサポート・サンプル販売なども受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

For SALE ZX14R 240 Custom ②

先程は、細部画像でしたが全体の写真と詳細スペックを掲載させていただきます。
ファイル 1212-1.jpgファイル 1212-2.jpgファイル 1212-3.jpgファイル 1212-4.jpg
<カスタム内容・詳細>
<足回り関連>
ホイール :Performance Machine(パフォーマンスマシン)製 "Paramount"(パラマウント)クローム F3.5x17 R8.5x18
スウィングアーム:Trac Dynamics(トラックダイナミクス)製 240サイズスウィングアーム +6インチ延長 クローム仕上げ
タイヤ:Dunlop USA フロント SM Q3 120/70 17 リア SM Q3 240/40 18(新規)
Fブレーキローター:純正インナークローム +センサープレートクローム
Rブレーキローター:RoaringToyz240変換用ローター
ブレーキキャリパー:前後・純正クロームキャリパー(新規)
ブレーキホース:CORE moto フロント・リア・クラッチホース(新規)        
リアサスペンション:Brock's 無段階アジャスタブルローダウンリンク
サイドスタント:RoaringToyzショートスタンド・クローム
**USスタイルカスタム・最近ではH-Dでのカスタムスウィングアームでも有名になった老舗ブランドTrac DynamicsのカスタムスウィングアームにPerformance Machine(パフォーマンスマシン)の定番かつクラシカルな組み合わせにブレーキ廻りもしっかりクローム化しております。
オーバーサイズなドラッグスタイルカスタムなディテールですが、タイヤのチョイスにも充分な配慮をしメガスポーツクルーザーの走りを充分に活かせる内容のセットアップになってます。

<エンジン・吸排気関連>
エグゾースト:Brock's Performance エイリアンヘッド・フルエキ
ECU:パワーコマンダー5(サブコン・燃料補正)+Guts"Brock Flash"(ECU書換え) **更新しました。
**USスタイルカスタムやドラッグレース界では最高峰ブランドを誇るBrock's Performanceのエイリアンヘッドのフルエグゾーストのみで終わらず、Guts"Brock Flash"ECU書換にてフラッシュチューニング+パワーコマンダー(サブコン)でBrock'sマフラーのマップセッティング調整され快適なアクセル開閉が体感できます。
**ECU書換え内容 (追加事項)
・300㎞/hリミッター解除
・レブリミッター11,500rpmから12,000rpm引上げ
・セカンダリーバルブ動作制限の解除(6速時の制限を解除)
・点火進角を変更しております。
**燃料補正はパワーコマンダーにて行っております。

**上記書換ECUは含みますが・サブコンは車輛価格には含まれません、追加料金でそのまま装着状態でお渡し可能です。*更新しました。

<外装関連>
スクリーン:社外クロームスクリーン
Fフェンダー:クロームフェンダーサイドフィン

<電装類>
ヘッドライト :Lo/社外HID 6000k 2灯分
       :Hi/Stealth H.I.D.conversion kit Hi/Lo HID 6000K 保障あり(新規)
ヘッドライト :CCFL Quad HALO(4連)ホワイト(新規)
インテーク  :LEDインテーク HALO ホワイト(新規)
フロントウィンカー:スモークレンズウィンカー(LED)新規
テール周り:スモークレンズ LEDテール・リアウィンカー新規

**車体の雰囲気に合わせたテール・ウィンカーの灯火類はスモークレンズに、ヘッドライトはLoは社外HIDにHiはStealth H.I.DをHi/Lo共にHIDで夜走りの視界も安心です、またCCFL HALO 4連エンジェルアイにインテークHALOなど灯火類のドレスアップも抜かりなくカスタム済です。

<アクセサリーパーツ等>
レバー:Kryakyn(クリアキン)製 クロームレバー(新規)
バーエンド:RoaringToyz製  アローポイントバーエンド クローム(新規)
トップブリッジ廻り:Ransom Machine Works製フロントフォークキャップ (新規)
         :RoaringToyz ステムキャップ (新規)
ガスキャップ:VORTEX製 V3 ビレットキーレス ガスキャップ オーダークローム 
ミラー廻り:RoaringToyzコンベックスミラー クローム
他・クローム加工パーツ:クロームクラッチカバー(新規)
           :Fドライブ・クラッチシリンダー(新規)
           :ステップ廻り<レバー周り・ペグ・ヒールガード>(新規)
           :カウル・車体周りボルトクローム加工約100本(新規)
細部に至るまで、車体の雰囲気にコーディネートされたカスタムパーツが多数装着されております。

末尾に(新規)と記載されている箇所は新規カスタム箇所になります。
<消耗部品交換・メンテナンス等>
ブレーキ・クラッチフルード **社外ホース交換時に作業
前後タイヤ         **新品に交換
ラジエター液        **総交換

<外装傷など>
転倒傷は特にありません、全体的には綺麗なほうですが中古車ですので通常使用に伴うコキズは若干あります。

<保管パーツ>
ノーマルマフラー・ノーマルミラー・ノーマルガスキャップなど他*車輛代に含みます(車検改善などに必要な部品類一部を除きございます)

長々と上記記載事項内容になりましたが、現状優先になります。
その他、追加カスタム・メンテナンスなど承りますのでショップまでご相談下さい。

<車輛詳細>
ZX14R 2012年(初年度登録 平成24年4月)
車体番号 JKBZXNE1XCA00XXXX(末尾は伏せさせていただきます)
車検有効期限 平成31年1月15日まで 240スウィングアーム構造変更届出済 **更新しました。
走行距離 5,040㎞ (平成29年1月16日時点) **更新しました。
**試験走行・コンディション維持で少々増える可能性などがございます。
販売形態:在庫販売
制作ショップ:当店になります。
**一部カスタム(セッティング作業)などは前オーナーさんの手配で行っております。

<販売価格> 2,199,980円   

<車輛代の他に掛かる費用>
・陸送が必要な場合は、業者価格にてBASでの陸送費用実費
*御来店での車輛引き取りの場合は陸送・納車費用などは掛かりません。
・名義変更手数料 ¥10,800~ (エリアにより異なります)
・メンテナンスはある程度されている車輛ですが、希望整備箇所がある方は別途になります。
*ご不明な点などはお問い合わせください。
中古車輌ですので、前オーナーさん方々の使用状況などで細かいことはそれぞれ状況は異なりますので、細かい見落とした点などがあった場合・現状優先とさせていただきます、現車確認はアポイント頂ければ応対させていただきます。
・名義変更終了後の車輌の引渡しとなります。
・ローン可能ですので必要でしたらご相談ください。

For SALE ZX14R 240 Custom ①

続きまして。。 珍しく販売車輛告知の連投になりますが。。
以前当店で制作させていただいたお客様からの買取車輛を基に当店でカスタム調整させていただきましたZX14Rになります。
早速、各部詳細の画像から紹介させていただきます。
ファイル 1211-1.jpgZX14(ZZR1400)・ZX14Rでは醍醐味カスタムの箇所でもあるCCFL HALO(エンジェルアイ)新規でインストールしております。
CCFLだけでなく、インテーク部もインテークHALOをインストール
Loは既存の他社HID(6000k)にHiはStealth H.I.D.conversion kitを新規でインストールされてます。
4連エンジェルアイに4連HIDそしてインテークHALOといったアッパー部の灯火周りは充実しております。
RoaringToyzのコンベックスミラーにクロームスクリーンもカスタムされてます。
ファイル 1211-2.jpgハンドル廻りは、ハーレーパーツブランドでも有名なKryakyn(クリアキン)のクロームレバーにRoland Sands Design(ローランドサンズ)の左右リザーバーキャップ・
ZX14Rカスタムの先駆者であり雄のRoaringToyzのクロームバーエンド・Ransom Machine Worksのフォークキャップ・ガスキャップはVOTEX V3タイプのガスキャップをオーダークローム加工済などクロームパーツが導入されてます。
ファイル 1211-3.jpgUSカスタム・ドラッグレースでは定番人気ブランドBrock's Performanceの人気エグゾーストAlien Headが組まれてます。 
フルエキ化に伴いGuts"Brock Flash"ECU書換えにて進角変更・リミッター解除等され+Power CommanderⅤサブコンにて燃料マップ書換済
**上記書換ECU・サブコンは取外し致します、車輛価格には含まれません、取付のままの納車は追加料金でお受け致します。
周辺はクラッチカバー・ステップ廻りのクローム加工パーツが組まれてます。 ボルト類もクローム加工ボルトでさりげなく抜かりないドレスアップがされてます。
ファイル 1211-4.jpgフロント周りのホイールはPerformance Machine(パフォーマンスマシン)のParamount(パラマウント)クロームにダンロップUSAのタイヤは新規でインストール、ホイールのクロームだけでなくディスクインナー・センサープレート・キャリパーもクローム仕上げブレーキラインはCORE製カラーブレーキラインも新規でインストール済で足回りのカスタムしております。
また、Fフェンダーのサイドフィンもクロームフェンダーサイドが新規で装着されてます。
ファイル 1211-5.jpgリアはTrac Dynamics(トラックダイナミクス)製の240サイズスウィングアーム6インチ延長のクローム仕上げ リアホイールはフロント同様Performance Machine(パフォーマンスマシン)のParamount(パラマウント)クロームR8.5x18の240サイズ リアタイヤはダンロップUSA Q3 240/40・18を新規でセットアップ
従来の240カスタム用タイヤとは思えないくらいの190サイズのスポーツバイク用タイヤの様な優れたグリップ力がありオーバーサイズながらもスポーツ走行を充分にフォローしてくれます。
リアキャリパーも新規でクローム仕上げそしてフロント同様にCOREブレーキラインでセットアップされてます。

For SALE GSX1300R 隼 "Just Anodized" 300tire Custom Bike③

フロントフォーク・キャリパー周りの変更前ですが、Youtube動画がありますので、参照ください。
**現車は法改正に伴いナンバーはサイドナンバーからテールランプ付近に移動しております。
  
ファイル 1210-1.jpgファイル 1210-2.jpgファイル 1210-3.jpgファイル 1210-4.jpg
<カスタム内容・詳細>
<足回り関連>
ホイール :Performance Machine製 "Marquee"(廃盤デザイン) F3.5x17 R10.5x18
スウィングアーム:PPM製 シングルサイドスウィングアーム(廃盤)
タイヤ:AVON Tyre フロント 3Dウルトラ 120/70 17 リア COBRA 300/35 18
Fブレーキローター:RoaringToyz Scallop ローター (廃盤)
Fブレーキキャリパー:Performance Machine ラジアルマウントキャリパー(最新車検時に交換)
ブレーキホース:CORE moto フロント・クラッチホース (最新車検時に交換) 
フロントサスペンション:ラジアルマウント用フロントフォーク・アウターアルマイト加工・インナーレッグ同色化 (最新車検時に交換)     
リアサスペンション:Ohlins(車体価格とは別で提供可能です)
リアリンク:RoaringToyz無段階式ローダウンリンク
キックスタンド:Ransom Machine Worksキックスタンド

迫力ある300サイズのタイヤ・ホイールにシングルサイドスウィングアームが装着、ブレーキ廻りもしっかりカスタムされてます。
また走りの補正にも貢献しているリアサスペンションはOhlinsが現在装着されてます、車輛販売価格には含まれませんが、Ohlinsサス付きでの納車もご相談下さい。

<エンジン・吸排気関連>
カバー類:TOCCクリアクラッチカバー
    :Yanashiki 隼ロゴスターターカバー
エグゾースト:Brock's Performance サイドワインダーエグゾースト
**サイドワインダー用のオイルフィルター・クーラー・リロケーター装着済
エアクリーナー:K&Nエアインテーク
ECU:パワーコマンダーⅢ (サブコン)
**USスタイルカスタムやドラッグレース界では最高峰ブランドを誇るBrock's Performanceのサイドワインダーのフルエグゾーストのみで終わらず、エアインテークはK&NにパワーコマンダーでBrock'sマフラーの本国仕様のマップセッティングも済ませておりますので、ギクシャクになりがちなフルエキマフラーのデメリットを補正しておりますので、快適なアクセル開閉が体感できます。
<外装関連>
カスタムペイント:純正パターンベース+各部ミューラル(エアブラシ)カスタムペイント
リア廻り:Reserve製アンダーテール
**決して派手すぎないカラーリングとデザインパターンですが、純正パターンをモチーフに真似し辛い落ち着いたカラーリングに度迫力のミューラル(エアブラシ)で貫禄ある車体に仕上がってます。
ペイントに関しては中古車輛ですので、傷などは多少ございます。

<シート周り>
前後シートはヘンプ素材のシートに張替えてます、車体の雰囲気にとてもマッチしてます。

<電装類>
ヘッドライト :Stealth H.I.D.conversion kit Hi/Lo HID 6000K
       :カラーティント加工ヘッドライトレンズ
フロントウィンカー:社外LEDウィンカー&カラーティント加工レンズウィンカー
テール周り:インテグレートテール(ウィンカー内蔵タイプ)
メーター周り:SRP製 ELゲージパネルキット
バッテリー*SHORAIリチウムイオンバッテリー(先回車検時交換)
**車体の雰囲気に合わせたテール・ウィンカーの灯火類はカラーティント加工してます、レンズ類に色が入ってますが車検時のヘッドライトの光度テストもクリア出来てます、テール・Fウィンカーもそのままで大丈夫です。
ヘッドライトはStealth H.I.DをHi/Lo共にインストールで夜走りの視界も安心です、そして隼特有の豪華なメーター周りもELメーターパネルでカスタムされておりますので、夜に文字が浮かび上がる雰囲気は優越感を覚えます。

<アクセサリーパーツ等>
フレームスライダー:Roland Sands Design コンバットクラッシュスライダー
レバー:Ransom Machine Works パイソンスケールズ 
グリップ:RoaringToyz ダイヤモンドグリップ
ハンドルバー:Ransom Machine Works
トップブリッジ廻り:Trac製 ローダウントップクランプ
         :Ransom Machine Works製フロントフォークキャップ
         :Ransom Machine Works ステムキャップ
      :Ransom Machine Works製フロントタンクカバー 
ミラー廻り:Yanashiki ミラーブロックオフプレート
ステップ廻り:VORTEX リアセット(バックステップ)
        :フロントフォークアウターブラックアルマイト加工
        :各部アルマイト加工
その他:隼ロゴリザーバーキャップ
タンデム:Ransom Machine Worksグラブレール

パーツ類は既製品パーツをそのまま装着せず車体に合わせた同系色に合わせたカスタムアルマイト加工がされ細部に至るまで車体の雰囲気にコーディネートされたカスタムパーツが多数装着されております。

<消耗部品交換・メンテナンス等>
フロントフォークオイル交換 **Fフォーク周り交換時に作業(最新車検時)
前後ブレーキパッド     **キャリパー交換時に新品(最新車検時)
ブレーキ・クラッチフルード **社外ホース交換時に作業(最新車検時)
前後タイヤ         **山はまだまだあります。
チェーン(RKゴールド)    **交換後数千キロ程度(前回車検時・交換後使用1200㎞程度)
ラジエター液        **最新車検時に交換

<外装傷など>
転倒傷は特にありません、2007年に施工のペイントですので使用状況に伴うコキズ・劣化はあります。

<保管パーツ>
ノーマルマフラー・ノーマルミラーなど*車輛代に含みます(車検改善などに必要な部品類はございます)

長々と上記記載事項内容になりましたが、現状優先になります。
その他、追加カスタム・メンテナンスなど承りますのでショップまでご相談下さい。

<車輛詳細>
GSX1300R 隼 2004年(初年度登録 平成16年5月)
車体番号 JS1GW71A2421XXXXX(末尾は伏せさせていただきます)
車検有効期限 平成30年7月23日 300スウィングアーム構造変更届出済
走行距離 15,519㎞ **コンディション維持で少々増える可能性などがございます。
販売形態:委託販売(当店に保管しております)
制作ショップ:チェックショップ(初回完成時)
**追加カスタムなどは当店等で行っております。

<販売価格> 1,999,980円

<車輛代の他に掛かる費用>
・現状渡し可能(名義変更のみ当店で行います)
・陸送が必要な場合は、業者価格にてBASでの陸送費用実費
*御来店での車輛引き取りの場合は陸送・納車費用などは掛かりません。
・名義変更手数料 ¥10,800~ (エリアに因ります)
・メンテナンスはある程度されている車輛ですが、希望整備箇所がある方は別途になります。
*ご不明な点などはお問い合わせください。

中古車輌ですので、現オーナーさん方々の使用状況などで細かいことはそれぞれ状況は異なりますので、細かい見落とした点などがあった場合・現状優先とさせていただきます、現車確認はアポイント頂ければ応対させていただきます。
・名義変更終了後の車輌の引渡しとなります。
・ローン可能ですので必要でしたらご相談ください。
**現車確認・商談ご希望の方いらっしゃいましたらお手数ですがアポイントいただいた上で御来店下さい。

For SALE GSX1300R 隼 "Just Anodized" 300tire Custom Bike②

続いて各部詳細をご紹介させていただきます。
ファイル 1209-1.jpg車輛のカスタム箇所でも一際目を引くのがなんといっても迫力のあるカスタムぺイント、純正カラーのパターンの色違いをベースにミューラル(エアブラシ)ペイントがされております。
ファイル 1209-2.jpg隼カスタムでは遊びの醍醐味ポイントでもあるハンドル廻りカスタムもRoaringToyzのグリップ・Ransom Machine Worksのレバーなどをはじめドレスアップパーツのカスタムが施されてます。
パーツ類は既存品をそのまま装着するカスタムではなく、車体イメージに合ったカラーアルマイト加工がされてます。
またタンクのトップ部も迫力あるミューラルペイントがされてます。
ファイル 1209-3.jpgエグゾースト(マフラー)はUSスタイルカスタム・ドラッグスタイルでは定番のBrock's Performance製ですが、通常Alien Headなどが主流ですが、こちらはサイドワインダータイプになります、ボリューム感あるカスタムにはこちらのほうが迫があります。
サイドワインダー装着にあたり、オイルクーラーの位置変更対策・オイルフィルターロケーターなどもちゃんと装備されてます。
また吸排気はエグゾーストのみでなく、K&Nインテーク(エアクリーナー)やDyno Jet製Power CommanderⅢにて燃料マップの補正マップもセッティング済です。
また、T.O.C.C.製クリアクラッチカバー・RSD製Combattクラッシュスライダー(フレームスライダー)も装着されてます。
サイドカウル周りもミューラル(エアブラシ)ペイントは抜かりなく施されてます。
ファイル 1209-4.jpgそして足回りですが、PPM製300サイズのシングルサイドスウィングアームが装着されてます、リアホイールもフロント同様Performance Machine(パフォーマンスマシン)のMarquee(マーキー)の10.5x18サイズにリアタイヤはAVON Cobra 300/35・18です。
リアショックは今現在Ohlinsが装着されてます、車輛のスウィングアームレングス(長さ)リアのホイール(サイズ)・タイヤなどの組み合わせに因って走りの感覚は変わりますが、サスペンションの変更で乗りづらさは一気に解消されます。
**今現在Ohlinsのリアショックが装着されてますが、車輛価格には含まれません、Ohlinsリアショック付きでの販売も可能ですので商談時にご相談下さい。
ファイル 1209-5.jpg通常6Pキャリパーの年式の隼ですが、ラジアルマウントフロントフォークに変換され、Performance Machineラジアルマウントキャリパーにアップデート変更されてます。
ブレーキライン・クラッチラインはCoreカラーブレーキラインに、RoaringToyzローター・ホイールはPerformance MachineのMarquee(マーキー)をベースにカスタムアルマイトされてます。

ページ移動